マンションの販売期「1期や2期」と分ける理由は?価格は変わるの?

マンションの販売期「1期や2期」と分ける理由は?価格は変わるの?

マンションの購入を考えている人は、新聞の折り込み広告や不動産屋の情報を見ながら物件を探すことになるでしょう。ただ、マンションの発売情報を見ると「第1期発売」「第2期発売」などと書かれていることがあります。これは何なのでしょう?

なぜ販売期を分けて販売するのか?

マンションの販売においては、「第1期」「最終期」などのように分割して販売されることがあります。第何期なのかを見ることによって何回目の分割販売かがわかるようになっています。

ではなぜ分割して販売するのでしょう?主な理由の一つは、全室一度に販売すると需要が追い付かず売れ残っている印象になってしまうので、それを避けるためです。分割して販売することで「第何期も完売」という状態を維持する狙いもあるようです。

また、一度に売り出すと、売れやすいところばかり売れてしまい、売りにくい部屋が残ってしまうことが考えらえるため、それを避けることも理由の一つでしょう。さらに、分割販売をすることによって、実際の需要動向を探ることができ、次期以降の販売戦術に活かせるという点も理由だと考えられます。いずれの理由も、販売側がスムーズに売り切るための戦術だと理解しておくといいでしょう。

売出し期の違いによって価格は変わる?

マンションの売出し時に分割販売されることがあるのはわかりましたが、売出し期によって同条件の部屋の価格が値上がりしたり値下がりしたりすることはあるのでしょうか?

需要動向によってはその可能性はあります。ただし通常は、全室の価格想定をした上で事業計画を作っているでしょうから、分割販売をしても当初の価格体系を維持することがほとんどのはずです。しかし、第1期を売り出してみたら需要がほとんどなく、このまま売っていくと大量の売れ残りが発生する等の事態になった場合は、第2期から値下げするといった可能性はあります。そうなると高値で買った第1期購入者からクレームが出る可能性がありますので、差額調整目的で一定の資金が配られることもあるようです。

つまり、原則としては期が変わったからといって価格は変わることはありませんが、特別な場合には価格改定が行われる場合もあると理解しておくといいでしょう。

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定
無料

不動産を売るならまずは一括査定!
一度に複数の査定結果を比較できるので、より高く売れる可能性が高まります。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

オウチーノニュース編集部

マイホーム購入のダンドリ、不動産売却にかかる費用、賃貸物件の探し方など、住まいの基礎知識から契約、税金といった専門的な内容までわかりやすく解説。宅地建物取引士や司法書士、税理士、FPなどの不動産・お金の専門家が、監修・執筆した記事を配信しています。
コンテンツポリシー

この記事に関するキーワード

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定
無料

不動産を売るならまずは一括査定!
一度に複数の査定結果を比較できるので、より高く売れる可能性が高まります。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

不動産サービス