「マンション VS 一戸建て」どっちがお得?!徹底比較!

「マンション VS 一戸建て」どっちがお得?!徹底比較!

「庭付き一戸建ては、やっぱり憧れ!」なんて話を聞くことがありますが、マンションと一戸建ては、どっちに住むのがお得なのでしょうか。 実際にマンションと一戸建ての両方に住んだ経験から、それぞれのメリット・デメリットについて解説してみます。

生涯コストで比較

物件を購入したら住宅ローンの返済だけで住めるって思っていませんか?ローンの返済以外にも、毎月あるいは毎年発生する費用があります。マンションと一戸建てが同じ物件価格なら、管理費や修繕積立金、駐車場代がかかるため、 マンションの方が、圧倒的にコストが高くなります

コスト マンション 一戸建て
管理費 約1~2万円/月 なし
修繕積立金 約1~2万円/月 自分で積み立てる
駐車場代 毎月かかる なし
固定資産税 数十万円/年 数十万円/年
火災保険 約1万円/年 約2万円/年

管理費は、敷地の掃除や共有部分の手入れにかかる費用ですが、一戸建てなら自分で手入れするので費用は発生しないですよね。仮に毎月1万円の管理費が発生する場合、1年で12万円。10年で120万円。50年で600万円もの差額が生じます。また、車を所有している場合は、駐車場代が発生するかどうかも大きな差になります。

最後に忘れがちなのが、建物補修のための修繕積立金です。一戸建てでも自分で積み立てる必要があるので、「結局、同じじゃないか」って思われる人がいると思います。しかし、修繕するかしないかを自分で決められる所が大きく異なります。例えば、「80歳超えたら、大規模修繕はやらずに致命的になりそうか箇所だけ、部分的な補修だけにしよう」など自分で費用を制御できるので、マンションよりも自分のライフプランに合わせた修繕が可能なのです。

防犯性で比較

防犯性は圧倒的にマンションに軍配があがります。最近のマンションであればオートロックがほとんどで、敷地内には防犯カメラも多く設置されています。また、低層階でもない限り、ベランダから窃盗に侵入される心配もありません。

防犯性 マンション 一戸建て
オートロック 通常あり 通常なし
防犯カメラ 通常あり 通常なし
管理人 日中見回り なし
窓からの侵入 上層階はリスク低 リスク高

資産価値で比較

一戸建ての資産価値は、土地と建物で決まります。どんなに古くなっても土地部分は劣化するわけではないので、土地としての価値は残ります。しかし、マンションの場合は1住戸あたりの土地の所有割合が低いため、ほとんどが建物の価値で決まります。そのため、一見、長期的な資産価値としては一戸建てのほうが高いように思えます。

資産価値 マンション 一戸建て
土地の価値 住民で按分のため少ない 価値は残る
建物の価値 約50年で無くなる 約30年で無くなる

ただし、注意点として土地を除いた建物のみの資産価値の下がり具合が、マンションと一戸建てでは大きく異なります。20年後の建物のみの資産価値を比較すると、マンションは新築時の60%の価値まで下がるのに対し、一戸建ては新築時の15%まで価値が低下しています。コンクリート造と木造の違いによるものです。

※ 出典元:国土交通省「中古住宅流通、リフォーム市場の現状」より

つまり、10年~20年以内に売却するならマンションのほうが建物のみの資産価値は高くなる傾向があります。逆に50年以上経過すると、建物の価値はなくなってしまい、土地の価値がある一戸建てのほうが資産価値が望めるかもしれません。

防音で比較

一戸建てはマンションよりも壁が薄く、窓が多いため外から音が入ってきやすいですが、子どもが走り回っても下階に騒音が伝わる心配はありません。 マンションの場合は、鉄筋コンクリートの性質上、低音が響きやすいので上下階の足音がクレームになることがあります。またバルコニーで発せられた音は窓を伝わって騒音になりやすく、総じてマンションのほうが神経質になる必要があります。

立地条件で比較

駅近の物件はマンションのほうが多い傾向にあります。駅周辺は、土地の利用用途が商業地域などに指定されていることが多いため、大規模マンションのように多くの戸数が含まれる住宅や、スーパー、商店街が作られやすくなります。一方、閑静な住宅街と呼ばれる地域は、駅から離れていることが多く、商業施設がないため、利便性は低下します。

広さで比較

国が示す「誘導居住面積水準」によれば、3人暮らしなら75㎡、4人暮らしなら95㎡が広さの目安とされています。物件探しをしたことがある人なら分かりますが、マンションで面積100㎡以上はなかなか見つかりません。見つかったとしても価格が高額になります。しかし、一戸建てで延べ床面積が100㎡以上の物件は多く見つかります。条件が同じならマンションよりも割安といえるでしょう。これは、3階建ての一戸建てのように土地のスペースを最小限に抑えたまま、縦に広げることで面積を広げられるからです。マンションと比較すると建材が安い木材で、縦に面積を広げることができる点が100㎡以上の一戸建てが多い理由といえるでしょう。

手入れで比較

マンションの場合、管理費はかかりますが、その分、敷地の草むしりや掃除をしなくて良いところは忙しい夫婦にはメリットです。また、一戸建ての1階部分は虫が侵入しやすく、蜘蛛やアリ、ハエなど夏場に庭で発生した害虫に悩むことがしばしばあります。

まとめ

  • 一戸建てのほうがランニングコストは割安
  • マンションのほうがセキュリティは良い
  • 築20年以内の資産価値はマンションのほうが高くなる可能性が高いが、50年以上の長期的な資産価値は一戸建てのほうが高くなる可能性がある
  • 楽器演奏などのため防音性を気にするなら一戸建てのほうが気を使わなくてすむ
  • 駅近で探すならマンションのほうが多い
  • 一戸建ては庭の手入れや掃除、害虫駆除が手間
  • 広さ重視なら一戸建てのほうが面積を確保できる可能性が高い

一長一短であるため、自分のライフスタイルにはどちらが合っているのか見極めることが大切です。例えば将来は売却を考えているので、立地の良いマンションのほうが売りやすそうとか、一生住み続けるので、老後のランニングコストを抑えられる一戸建てにするなど、ライフプランも考慮してみましょう。

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定
無料

不動産を売るならまずは一括査定!
一度に複数の査定結果を比較できるので、より高く売れる可能性が高まります。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

オウチーノニュース編集部 青木
ファイナンシャルプランナー

この記事に関するキーワード

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定
無料

不動産を売るならまずは一括査定!
一度に複数の査定結果を比較できるので、より高く売れる可能性が高まります。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

不動産サービス