繁忙期に賃貸物件を探す際のポイント

繁忙期に賃貸物件を探す際のポイント

毎年1月~3月は賃貸業界の繁忙期です。
繁忙期は出回る物件が多い一方、探す人も多く、人気の物件はすぐ埋まってしまいます。
 そこで今回は、繁忙期の部屋探しを上手に進めるためのポイントをお伝えします。

繁忙期はスピード重視

毎年1月~3月は賃貸業界の繁忙期です。
4月の就職や入学などに向けて新居を探す人が多いため、主に一人暮らし向けの物件がたくさん出回ります。
この時期は賃貸の需要が高まるので、良い条件の物件はすぐに入居者が見つかってしまいます。
気になる物件があったらなるだけ早く問い合わせ、内見をした方がいいでしょう。
また、貸し手からすると家賃を下げなくても入居者が見つかる可能性が高いので、全体的には家賃の交渉が難しくなります。
家賃や敷金礼金の値下げはあまり期待しない方がよさそうです。
ただし、必要以上に高い部屋を借りることのないよう、エリアの家賃相場は把握しておきましょう。

同時に、1~3月は引越し業界の繁忙期でもあるため引越し費用も高くなる傾向にあり、混雑するので希望の引越し日時が選べない可能性もあります。
最近では、3月までに間に合わなかったというケースもありました。
引越し会社の予約は早めに行うことをおすすめします。

また平日の方が金額が安く、比較的空いているので、可能な人は平日の引越しも検討してみましょう。
金額は引越し会社によって結構な差があります。
特に会社にこだわりがなければ、複数の会社に見積もりをとって比較したほうが賢明です。

希望条件はあらかじめ明確に!

不動産会社の営業マンは、繁忙期はたくさんのお客様の対応に追われることになります。
また物件の空室状況も日々目まぐるしく動きます。
そういった状況で部屋探しを成功させるためには、営業マンとの連絡をスムーズに行うこと、そして優先的に部屋を紹介してもらえるようにすることが大切になってきます。
そのために必要なのが、自分の希望条件を具体的に決めて伝えることです。
なぜなら営業マンからすると、借りたい部屋の条件が明確に分かった方が物件を探しやすいからです。

不動産会社に行く前に希望エリアや広さ、間取り、絶対に必要な設備などを決めておきましょう。
ただし、あまりに条件が厳し過ぎると該当する物件が見つかりにくくなります。
条件に優先順位をつけ、「絶対に譲れない条件」「妥協したくないが、最悪なくてもいい条件」「あったら嬉しい条件」などと分けて、営業マンに伝えるようにしましょう。

あわせて読みたい