賃貸の壁に画鋲を指しても大丈夫?注意点と利用方法

賃貸の壁に画鋲を指しても大丈夫?注意点と利用方法

新しい部屋に入居し、壁に時計やカレンダー、ポスターを飾る際など、画鋲を使用することがあると思います。
しかし、自分の持ち家ではない部屋の壁に画鋲を刺すことは問題ないのでしょうか?
今回は国土交通省「現状回復をめぐるトラブルとガイドライン」をもとに、壁の修繕責任に対する正しい知識と、上手な画鋲の利用法をお伝えします。

画鋲の使用がOKかどうかは「賃貸契約書」次第

賃貸は退去時に原状回復が求められます。
入居者が故意または過失によって建物を傷つけた場合、敷金返還の際、損害額が差し引かれます。
では、画鋲の跡はどうなるのでしょうか?

国土交通省「現状回復をめぐるトラブルとガイドライン」によると、画鋲やピンの穴は「通常の生活でできる傷」とされています。
画鋲やピンの影響による壁の修繕は入居者の責任ではない、というのが基本方針となっているのです。
ガイドラインが影響しているのかもしれませんが、「釘やネジは禁止だが、画鋲やピンなら良い」という賃貸物件が多い傾向があります。

また、ガイドラインには賃貸契約してから6年が経過すると減価償却で壁紙の価値が1円になると記載されています。
住んでから6年経つと、壁が傷ついていたとしても借りた側の費用負担はほとんどなくなります。

ただし、上記のガイドラインには法的な拘束力はありません。
あくまで、契約書の内容が有効となるので要注意です。
「画鋲は使わないこと」などと約束事として書かれているのに画鋲を使うと、退去時に修繕費が必要となります。

まずは契約書をしっかりと確認しましょう。
もし契約書に記載がない場合、画鋲の使用が可能か不動産会社や大家さんに聞いておくことをおすすめします。

気になる画鋲の穴を目立たないようにする方法

多少の壁の傷であれば入居者の負担にならないとはいうものの、どの程度まで許されるかは退去時にならないと分からないので、なるべく綺麗に使った方がいいでしょう。

画鋲を利用するときには、「針の太さ」「刺し方」「穴の埋め方」を意識するのがおすすめです。

なるだけ針が細い画鋲を利用することで、壁の損傷が少なくて済みます。無印良品の「針が細い画鋲」がお手頃で入手しやすいです。

画鋲が頻繁に抜け落ちる、というのは生活する上で危険です。抜けにくくするには、針を斜め45度上に向けて刺すのがコツ。

画鋲を抜いた後の穴が気になる場合、市販のクロスの穴埋め材を利用するのがおすすめです。
クロスの色に合わせて適切な穴埋め材を利用することで、遠目から見ても穴の跡が目立たなくなります。

オウチーノニュース編集部

この記事に関するキーワード

連載記事

カテゴリから記事を探す

不動産サービス