賃貸の管理費って何に使われているの?賃貸物件の管理事情

賃貸の管理費って何に使われているの?賃貸物件の管理事情

部屋を借りるとき、管理費や共益費という費用が発生します。
管理費は物件の清掃・維持・修復に充てられますが、具体的には、どのように使われているのでしょうか?
賃貸物件の管理事情をお伝えします。

管理費は物件を維持・管理するための費用

管理費とは、建物そのものの清掃費・維持費・修復費に使われる費用のことです。
管理費と共益費の違いは、管理費は物件そのものの維持・管理のための費用であることに対し、共益費は共有部分を使用するときにかかる費用であることと、捉え方が若干違います。

ただし、管理費と共益費の明確な区別はなく、家主や不動産会社によって定義が違ったりするので、同じようなものと考えても問題ありません。

「管理費なし」の場合、物件の管理が不足している可能性が考えられるので、契約する際にどのような管理が行われているのかを家主や不動産会社に聞いておくなどして、後々のトラブルを避けましょう。

しかし、「管理費なし」物件でも管理費を家賃に含めて徴収している場合もありますので、「管理費なし」だからといって管理不足だとは一概に言えません。やはり、契約時に管理者と相談して不明点をなくすことが重要です。

管理費の使い道とは?

廊下や階段の照明の電気代、エレベーターやゴミ置き場、宅配ボックスの維持費など、共用部の管理には費用がかかります。共用部の管理費はほぼ全ての賃貸物件で発生します。

監視カメラ、管理人常駐など、防犯を意識したセキュリティ対策に注力している物件の場合、管理費が割高になる傾向があります。

共用部の定期清掃など、建物の衛生管理にも費用が発生します。清掃業者などが利用されている場合は高額になる傾向があります。

より管理状態の良い物件だと、敷地内の除草や害虫駆除、雪かきなどまでやってもらえることもあります。

管理状態は管理人次第です。
また基本的に、共用設備・施設の多さや管理レベルによって、管理費は上下します。
部屋探しの際には「管理費はいくらで、どれだけ管理がなされているか」をしっかりと見ることをおすすめします。

あわせて読みたい