防音性の高い賃貸物件に住みたいなら、RC構造がおすすめ!

防音性の高い賃貸物件に住みたいなら、RC構造がおすすめ!

マンションやアパートは、物件によっては防音のレベルが大きく異なります。
ほとんどお隣さんの物音が気にならない物件もあれば、上の階の足音や隣の部屋の生活音が聞こえる物件もあります。
物件の防音性が低いうえに、隣が子どものいる家庭や、友だちが来てどんちゃん騒ぎをするような人の場合、騒音に悩まされる可能性がありますし、逆に自分の生活音などで周囲に迷惑をかけ、トラブルに発展することもあり得ます。
そのようなことがないよう、部屋探しをする際は防音性の高い物件かどうかを確認しましょう。

防音性の高い部屋の特徴とは?

賃貸の防音性能を大きく左右するのは建物構造です。
建物の柱・梁・床・壁が重くて厚いほど防音性能が高くなります。

建物構造には様々な種類がありますが、防音にこだわるなら「RC構造(鉄筋コンクリート構造)」がおすすめです。
RC構造とは、コンクリートの芯に鉄筋を配することで柱・梁・床・壁の強度を高めた建物構造のことで、木造や鉄骨造に比べて素材の重量が重く、防音性能が高い傾向があります。

目安として壁の厚さが180mm以上であれば防音性が実感できるので、部屋を借りる際には不動産会社に建物の壁の厚さを確認しておいた方が良いでしょう。

さらに防音にこだわるのであれば、「最上階の部屋」「角部屋」など、隣接する部屋が少ない物件を選ぶのが有効です。

自力で防音対策りたり周辺の人と協調することも大事!

  当然のことですが、マンションやアパートなど集合住宅で完全に音を防ぐことは不可能です。

隣や上下階に住んでいる人や、周辺環境によって聞こえてくる音の大きさは異なり、実際に住んでみなければわからないことも多いので、防音シートや防音マットなどを設置するなど自力での防音対策が必要になることを想定しておくのがおすすめです。

また、周辺に住んでいる人たちと協調し、比較的静かな時間帯は掃除機や洗濯機を使用しないなど気遣いをし合うことで騒音問題に悩まされる可能性は低くなります。
建物に対して高度な防音性能を求めるだけではなく、生活音に対して住人が柔軟に対応することで、高いコストをかけずに防音対策が行えるでしょう。

オウチーノニュース編集部

この記事に関するキーワード

連載記事

カテゴリから記事を探す

不動産サービス