賃貸を借りるなら11月がお得!?家賃交渉しやすい掘り出し物件の探し方

賃貸を借りるなら11月がお得!?家賃交渉しやすい掘り出し物件の探し方

例年11月は、全国的に不動産の閑散期にあたり、家賃交渉しやすい時期です。
物件によっては家賃や仲介手数料など初期費用を値下げしてもらうことも交渉次第では可能でしょう。
そんなお部屋を借りるにはお得な時期ともいえる11月に、希望の物件を見つけるためのポイントをお伝えします。

11月に家賃が安くなる理由とは?

11月は、主に10月に転勤で引っ越した人たちの影響によって、賃貸の空室が全国的に増えます。
急を要することが多い転勤の場合、通常の契約更新時期での退去ではなく途中退去となることがほとんどです。

この場合、困るのは大家さんです。
なぜなら、途中退去で入居者がいなくなると、本来なら次の更新時期まで見込んでいた家賃収入が急に減ってしまうからです。

皆さんも、もし今の収入が、いきなり翌月から数万円単位で減るとなったら大変でしょう。
そのうえ大家さんは、ローンでアパート・マンションを購入している人も多く、家賃収入を生活費だけでなく、ローン返済にも充てなくてはいけないので、なおさらです。

これが繁忙期の途中退去だったらまだしも、11月のような閑散期だとすぐ入居者が決まる可能性は低くなります。

となると大家さんは「多少空室が続いても条件を変えずに借り手が見つかるのを待つ」か、「少し条件を緩めてでもなるだけ早く借り手を見つける」か考えます。

熱心な貸し手ほど出来る限り空室を埋めようとするため、費用対効果を考えつつ礼金なしにしたり家賃を下げたりすることが多く、その影響で全国的に物件の家賃が安くなる傾向にあります。
11月に上手に部屋探しをすることで、お得に賃貸物件を借りることができるのです。

11月の賃貸探しは希望のエリアを絞ってスピード勝負!

11月は確かに掘り出し物件が見つかりやすいのですが、3月のピーク時に比べると空室の数は全体的に少ないため、希望エリアの物件に出会える確率は低いです。
必然的に、どれだけ早く希望エリアの掘り出し物件を見つけられるか、というスピード勝負になります。
希望のエリアの新着物件情報はこまめにWebサイトでチェックしましょう。

Webサイトをチェックしていてもなかなかピンとくる物件が見つからない場合、希望エリアの不動産会社に直接問い合わせてみましょう。
自分の希望条件を伝え、その条件に見合う物件がないか聞いてみてください。

特に人気エリアの好条件な物件は借り手が見つかりやすいため、Webサイトに載っていないことが多くあります。

そのため、Webサイトで良い物件が見つからなかった場合は、直接不動産会社に連絡することをおすすめします。

オウチーノニュース編集部

この記事に関するキーワード

連載記事

カテゴリから記事を探す

不動産サービス