住みながら家賃収入を得られる「賃貸併用住宅」って何?

住みながら家賃収入を得られる「賃貸併用住宅」って何?

賃貸併用住宅とは、オーナー自身が暮らす住宅と同じ建物に賃貸住宅を組み合わせたもので、自宅としても賃貸住宅としてもメリットがいろいろ。
賢い資産活用法のひとつとして、最近は自宅の新築や建て替えに伴って採用されるケースも増えているといわれます。

資産活用の面で投資として

マンションなどの賃貸住宅と自宅を兼ねた賃貸併用住宅は以前からあったものの、近年の傾向として比較的小さな土地でも建てられることが多くなりました。
その理由は、うまく計画することで数多くのメリットが得られるから。
大家であるオーナーが同じ建物内にいる安心感を入居者に与え、オーナーにとっても、管理が行き届きやすく入居者の声に耳を傾けやすいということに加えて、実は資産活用の面で投資としても考えられる可能性もあります。

利便性の良い都心生活と収益の両立

例えば、自分が住むための住宅を建てる場合、事業用の貸付に比べると低金利で長期の住宅ローンを組むことができますが、自宅部分の床面積が2分の1以上あれば賃貸併用住宅でも同条件で利用可能。
完全な賃貸住宅にするよりもお得に建てられるというわけです。
それでいて建てたあとは家賃収入が得られ、住宅ローンの返済にあてられるのが強み。
自宅を新築して給与所得で住宅ローンを返済する場合も、賃貸併用住宅にして家賃収入が得られれば、会社の業績悪化やリストラといった不測の事態に備えられます。
しかも完済後は自宅と安定収入のみが残り、老後のライフプランを描く上でも安心でしょう。
基本的に住宅ローンとセットで団体信用生命保険に加入するため、万一返済途中に亡くなることがあったとしても残債は保険金で賄われ、家族には自宅と安定収入を残すことが可能です。
また、自宅の新築や購入をする場合、普通はなかなか都心の一等地は手が届きませんが、賃貸併用住宅ならむしろ都心の一等地を選ぶほうが有利なことも。
賃貸需要が多い人気立地は空室リスクが抑えられ、家賃も高めに設定できるからです。
そこに自宅を併設することで、利便性の良い都心生活と収益の両立も夢ではありません。

あわせて読みたい