ディスポーザー付きのマンションが人気!メリット・デメリット、使い方をまとめました

ディスポーザー付きのマンションが人気!メリット・デメリット、使い方をまとめました

はじめに

家庭で出る生ゴミの保管、処分ってわずらわしいですよね。特に、夏場は、生ゴミの匂いに悩むご家庭も多いのではないでしょうか。新築マンションの設備として、人気の高いディスポーザーについて、メリット・デメリット、使用する上での注意点について説明いたします。

ディスポーザーとは

ディスポーザーとは、シンクの排水口に生ゴミを入れるだけで、生ゴミをバラバラにして、そのまま下水道へ流してくれるキッチン設備です。生ゴミがシンクに溜まることがなくなるため、衛生面でもプラスで、近年、マンションの人気設備となっています。

1927年(昭和2年)にアメリカで開発されたディスポーザー。アメリカでは、1950年代に入り本格的な利用が進み、現在の家庭普及率は60%以上とも言われています。

一方、日本では、1970年代から導入が進んだものの、粉砕した生ゴミを下水に流す点が問題となり、粉砕した生ゴミを含む排水を処理してから下水道に流す「ディスポーザー排水処理システム」が1997年に建築基準法に基づく大臣認定を受けた後、普及しています。

ディスポーザー

現在は、半数近い自治体が、排水処理機能を持たないディスポーザーの使用は認めておらず、先ほどの「ディスポーザー排水処理システム」のみ設置を認めているようです。生ゴミの収集・運搬量と処分量が減ることから、環境負荷の軽減も期待されています。

最近のディスポーザー付きマンションは、必ずと言っていいほどこの排水処理システムを採用しており、設置・維持にコストがかかるため、ディスポーザー付きの物件は、大規模・中規模マンションに見られます。ディスポーザーがない物件も多いので、ディスポーザー付きマンションは希少性が高いと言えるでしょう。

メリット

人気の高いディスポーザー、実際に使うとこんなメリットがあるようです。

・生ゴミが排水溝や三角コーナーに溜まらないため、生ゴミが溜まったネットを捨てたり、ぬめりを取ったりする必要がなくなる

・生ゴミをその場で処理するため、生ゴミを保管せずに済み、室内、ゴミ収集所の悪臭やハエ・ゴキブリといった害虫の発生を抑えられる

・ゴミの量が減り、掃除の手間も軽減される

シンクに生ゴミを溜めるスペースが不要になり、生ゴミの量もぐんと減ります。夏場にうっかりゴミ出しを忘れて、臭いが気になるといった悩みから解放されます。生ゴミを気にせず料理ができると、毎日の料理が楽しくなりそうですね!

デメリット

デメリットとしてはこんな声も。

・維持管理費、電気代、水道代がかかる

・定期的にディスポーザー内部の手入れが必要

・処理物によっては大きな音、振動になることも

一般的に、維持管理費は年1万円程度、水道代、電気代は1日3回使用して、月4、500円程度になるようです。また、音、振動に関しては製品によりけりのようで、消音技術が進んだ最近のものは比較的静かなようです。

ディスポーザーの使い方

ディスポーザーの使い方は以下の通りです。

① ディスポーザーに蓋を開け生ゴミを入れる

② 水を流したながらままディスポーザーの蓋をする

③ スイッチを入れて、ディスポーザーが作動し生ゴミを粉砕します

グレードの高いディスポーザーでは、水栓や配管から自動で水が流れ、シンクで他の作業しながら利用できるタイプもあります。

使用する上での注意点

こんな便利なディスポーザーも、全ての生ゴミに対応しているわけではありません。トウモロコシの皮・芯、パイナップルの皮・芯、たけのこ、栗の皮、枝豆の皮などの繊維質が多い野菜の部位や、卵の殻、天ぷら油などの油脂は流すことができません。

食材以外にも注意が必要です。ディスポーザーや排水管はプラスチックでできていることが多いため、熱湯を流すとプラスチックが変形する恐れがあります。

また、塩素系の洗剤はディスポーザーの金属部分を酸化させ、サビの原因となりますので、こちらも使用を避けるようにしてください。

まとめ

マンションの設備として人気のディスポーザーを紹介いたしました。一度、ディスポーザーの便利さを知ってしまうと、もとの生活には戻れないという方も多いようです。興味を持たれた方は、住まい探しの際に、ディスポーザー付き物件も検討してみてはいかがでしょうか。

オウチーノニュース編集部

この記事に関するキーワード

連載記事

カテゴリから記事を探す

不動産サービス