建築面積・延床面積・建物面積・土地面積の違いは?

建築面積・延床面積・建物面積・土地面積の違いは?

家の売却を考えて、この記事を読んでいる方は、不動産一括査定がおすすめです。下のフォームを入力すれば、 複数の会社の査定結果を比較 できるので、 高く・早く 売れる可能性が高まります。

  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

不動産広告などを見ると必ず目にする言葉が、「建築面積」「延床面積」などの面積に関する単語。 しかし、これらの用語の違いが明確に分かるかというと、専門家でなければ「はっきりとは…」という人が多いのではないでしょうか。
住まい探しをする方であれば、これらの用語について知っておくことをおすすめします。

建築面積・延床面積・建物面積・土地面積とは?

建築面積
建物を真上から見たときの外周で求めた面積(水平投影面積)のことを指します。一般的な住宅では、1階部分の面積が概ね該当します。 設計によって1階より2階の面積の方が大きいことがありますが、その場合は、2階を地面に投影した面積が「建築面積」に該当します。 「建ぺい率(建物の面積が敷地に対して占める割合)」の計算基準として使われます。
「建ぺい率」×「土地面積」=「建築面積」です。

延床面積・建物面積
「延床面積」と「建物面積」は同じものを指します。建物の各階の「床面積(壁または柱の中心線で囲まれた部分の面積)」をすべて足した数値のことです。壁または柱の中心を基準にして算出します。玄関やひさしなどは、奥行きが2mを超える場合は算入されます。
屋内空間の広さに関わる「容積率」の算出に使われます。

土地面積
「敷地面積」とも呼ばれます。真上から土地を見たときの投影面(水平投影面積)を指します。 そのため、斜面にある土地は「土地面積」が実際よりも小さくなることがあります。

住まい探しのときは、どれに着目すべき?

ではこのなかで、住まい探しのときに着目すべき面積はどれでしょう? 正確な答えは「すべて」。 ですが、住まいを建てるのであれば、最低限見ておきたいのが「建築面積」です。

この数値は、家を建てる土地の規制により決められている「建ぺい率」に大きく関わるものです。家を建てる際には、その土地の建ぺい率以内に収めなければなりません。敷地いっぱいに家を建てるつもりが、建ぺい率の都合で狭くせざるを得なかった、ということは多いものです。

面積は、理想の住まいを探すためには避けては通れない要素。快適なマイホームを新築したい、と思う人は、まず新築したい場所の自治体が定める建ぺい率を調べ、「建築面積」を確認してからにしましょう。

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定

無料

不動産を売るならまずは一括査定!
一度に複数の査定結果を比較できるので、より高く売れる可能性が高まります。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

オウチーノニュース編集部

この記事に関するキーワード

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定

無料

不動産を売るならまずは一括査定!
一度に複数の査定結果を比較できるので、より高く売れる可能性が高まります。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

不動産サービス