賃貸契約の入居審査に落ちる理由は?審査基準や通らない場合の対処法を解説

賃貸契約の入居審査に落ちる理由は?審査基準や通らない場合の対処法を解説

入居審査とは、アパートなどの賃貸物件の契約前に行われる審査です。 この審査に通らなければ賃貸契約を結ぶことはできません。

しかし、どんなことを基準に審査されているのかをあまり耳にする機会はありません。

この記事では、どれくらいの年収なら受かる?収入が少なくても通ることはある?など、入居審査に関するさまざまな疑問を解決していきます。

家の売却を考えて、この記事を読んでいる方は、不動産一括査定がおすすめです。下のフォームを入力すれば、 複数の会社の査定結果を比較 できるので、 高く・早く 売れる可能性が高まります。

  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

賃貸契約前の入居審査とは

アパートやマンションなどの賃貸契約の前には、必ず「入居審査」が行われますが、そもそもなぜ審査が必要なのでしょうか?

入居審査を行う目的は、大家さんの賃貸経営リスクを減らすことにあります。 部屋を貸し出す大家さんにとっては、入居者に家賃を滞納されたり、住宅設備を壊されたり、入居者同士で近隣トラブルを起こされることは賃貸経営上の大きなリスクになります。 事業ローンでアパートを購入している大家さんもいるため、予定通り家賃が回収できなければ赤字になってしまうこともあるのです。

そのため、入居審査では主に「家賃の支払い能力はあるのか?」「連帯保証人に保証能力はあるのか?」「近隣トラブルを起こしにくいか?」という点がチェックされます。

賃貸契約の入居審査に必要な書類や記載事項とは

入居審査に必要な書類には、下記のようなものがあります。

・入居申込書
・身分証明証のコピー(免許証など)
・住民票(発行から3ヶ月以内の原本・借主全員のもの)
・所得証明書類(源泉徴収票等のコピー)
・連帯保証人をつける場合、その人の収入証明と印鑑証明書(発行から3カ月以内の原本)

入居申込書には、下記のような情報を記入します。 このとき、同棲やルームシェアなどで入居者が複数いる場合は全員分の情報を記入する必要があります。

・入居者の住所、電話番号、性別、生年月日
・勤務先の名称、業種、住所、電話番号、勤続年数
・収入
・連帯保証人が必要な場合は、連帯保証人の住所、年齢、勤務先などの情報

入居審査に落ちる人の特徴

大家さんにとって入居審査の基準となるのは、「家賃を滞納せずにきちんと払ってもらえるか?」ということです。残念ながら審査に落ちてしまった、という人の特徴を下記にまとめました。

・勤続年数が短い
・雇用形態が不安定
・収入に対して家賃が高すぎる
・職業に不安がある(水商売など)
・長く住むことが期待できない(ルームシェアや同棲カップルなど)
・信用できない人柄(身だしなみや言葉遣い)
・連帯保証人の支払い能力が低い

一般に水商売の方が賃貸物件を借りられない理由は、職業や収入面よりも、生活時間帯が異なることによる、生活音などの近隣トラブルを避けるためでもあります。そのため、歓楽街に近い物件など、近隣にも同じ生活サイクルの方が多い立地を選ぶと、審査にも通りやすくなります。

家賃を支払う能力は十分あるのに審査に通らないという場合には、大家さんや不動産会社の経験則から、支払い能力以外の点で問題がありそうだと思われている可能性があります。

その他、意外なポイントとしてはルームシェアや同棲カップルが大家さんに敬遠されることもあります。ルームシェアの入居者同士がシェアを解消したり、カップルが別れてどちらかが出て行ってしまうかもしれず、2人で家賃を支払っていくつもりで契約している場合、1人では家賃の支払いが難しくなるケースがあるためです。

2人以上で入居する場合は、1人の収入でもしっかり家賃を支払っていけることが証明できれば、審査に通りやすくなります。

また、カップルなら婚約しているなどの事情をしっかり伝えたり、長く住む意思があることを伝えると大家さんに安心してもらえます。

ちなみに、ある保証会社で審査に落ちてしまった場合は、次に同一の保証会社に申し込んでも通らない可能性が高くなります。一度落ちてしまったら、保証会社の異なる物件を探す方が良いでしょう。

どれくらいの年収があれば審査に通る?

どれくらいの年収があれば審査に通る?

入居審査には、年収いくら以上でクリアできるなどという、はっきりとした基準はありません。あくまで「家賃に対して支払い能力があるのか?」という点を審査します。

入居者の職業や年収、勤続年数、連帯保証人の続柄や年収など、総合的な観点から判断されます。

一般には、住居費は収入の25%~30%以下が適切だと言われています。この水準を超えないように心がけると、審査も通りやすくなり、入居後の生活バランスも取れて暮らしやすくなります。

ただし、月収15万円と30万円では、同じ30%でも残りの余裕資金に差が出ることは言うまでもありません。また、家賃が安ければ、それだけ審査のハードルも低くなります。収入面で審査に通るか不安な時は、勤続年数やきちんとした職業であるなど、アピールポイントを考えてみましょう。

入居者に不安材料があると連帯保証人の審査も厳しくなるため、審査をクリアするためには、より収入の安定している親族を連帯保証人に立てる必要があります。

また、安定した収入がなかったり無職の場合は、入居審査時に貯金残高の提示が求められる場合もあります。いくらあれば審査に通るのかですが、2年に1度賃貸契約の更新があるため、家賃2年分以上の貯金が相場と言われています。ただし、貯金がいくら必要かは不動産会社や物件によって基準が異なってくる点には注意が必要です。

意外と見られている!?見た目で判断されることもある

見た目で判断されることもある

入居審査には、主に大家さんによる審査と、家賃の滞納時に立て替えてくれる保証機関による審査があります。

大家さんによる審査では家賃の支払い能力だけでなく、属性や人柄、身だしなみ、立ち居振る舞いなどを総合的に見られることが多く、保証機関による審査ではある程度収入に関する項目に的を絞った審査になります。

入居審査については、不動産会社や管理会社が任されて行うケースもあります。この人は審査に受からないな、と判断されてしまうと、それとなく他の物件に誘導されるケースもあります。

賃貸契約で一番接する機会が多いのは、不動産会社の営業担当者です。お部屋探しのために来店したり内覧に訪れる時から、身なりや言葉遣いなどにも気を配っておきましょう。

身だしなみに気をつけたり、横柄な態度を見せないなど、ちょっとした心配りでも印象は変わります。

入居審査後のキャンセルはできる?

入居審査に受かったものの、さらに条件の良い物件が見つかったり、急に引越しができなくなるなど、さまざまな事情があるかと思います。万が一審査通過後にキャンセルしたいという場合、契約には至っていないので、厳密にはキャンセル可能です。

しかし、大家さんや不動産会社や大家さんから決して良い印象は持たれません。審査中は物件の新規募集を打ち切ったり、契約のための手配などで大家さんや不動産会社が動き出します。その最中に申し込みを取り下げれば、迷惑になります。

不動産会社や管理会社には、「また直前でキャンセルされてしまうかもしれない」と警戒されてしまいますし、次の物件を申し込む際の審査に響く可能性もあります。

入居審査にかかる期間は、数時間~数日です。審査に通ったら契約までのスケジュールもすぐに決まるため、その段階でのキャンセルは大勢に迷惑がかかってしまいます。よほどのことがない限り、申し込み後のキャンセルは避けましょう。

無職の場合の対処法

無職の方はアパートを借りることはできないのかというと、決してそうとは言い切れません。定職に就いている方よりも審査が厳しくなるのは当然ですが、下記のような書類を用意することで、家賃の支払い能力を証明できれば、審査を通すことは不可能ではありません。

・まとまった金額の銀行預金がある場合は、その預金通帳のコピーや残高証明書(銀行で発行可能)
・家賃収入や配当収入などを証明する書類
・連帯保証人の安定した収入や身元を証明する書類

収入のない学生でも一人暮らしが可能なのは、連帯保証人(親や親族)の支払い能力がしっかりしている場合に限られます。

求職中という場合でも、まとまった額の預金があって手に職がある方なら、審査に通る可能性が高いと言えます。また、企業に内定が決まっているという場合には、内定証明書の提出を求められることもあります。

信用力があれば、物件によっては収入に関係なく、入居審査を通ることは可能です。現在無職である正当な理由や、働く意思があることをきちんと伝えましょう。

入居審査に落ちたらどうする?借りられない場合の対処法

不動産会社の指示通りに書類を用意しても、万が一入居審査に通らず物件を借りられなかったときはどうすれば良いのでしょうか。

審査に落ちたとしても、その理由を解消することで結果が変わる可能性があります。
例えば、連帯保証人の信用力が足りずに審査に落ちてしまった場合は、連帯保証人を変更したり、保証機関を利用することで審査に通ることもあるのです。

しかし、年齢や職業などの属性によって審査が通らなかった場合には、そもそも大家さんの条件自体が厳しいというケースもあります。
そういう場合は、その物件とはご縁がなかったと割り切って他の物件を探す方が良いケースもあります。

記事のおさらい

賃貸物件の審査に落ちる人の共通点は?

収入面で支払い能力に問題がある人はもちろんですが、近隣トラブルの原因になりそうな人(水商売で生活リズムが異なる等)、長く住むことが難しい可能性のある人(ルームシェア等)が挙げられます。
詳しくは、入居審査に落ちる人の特徴をご確認ください。

家賃に対して必要な年収は?

年収と家賃についての明確な基準はなく、「支払い能力があるのか」という観点で、職業・年収・勤続年数・連帯保証人の年収等を総合的に判断されます。一般的には、家賃は収入の30%以下が適切と言われています。
詳しくは、どれくらいの年収があれば審査に通る?をご確認ください。

入居審査通過後にキャンセルは可能?

契約前であれば、法律的にはキャンセルは可能です。しかし、大家さんや不動産会社の心証は悪く、信頼を損ねます。次回以降の入居審査に悪影響が及ぶ可能性もあり、キャンセルは慎重に判断しましょう。
詳しくは、入居審査後のキャンセルはできる?をご確認ください。

無職でも入居審査を通過できる?

無色の場合は定職に就いている方より難易度は上がりますが、完全に不可能というわけではありません。通帳のコピーを提出したり、支払い能力の高い連帯保証人を付けたり、内定証明書を提出したりすることで支払い能力を示すことは可能です。
詳しくは、無職の場合の対処法をご確認ください。

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定
無料

不動産を売るならまずは一括査定!
一度に複数の査定結果を比較できるので、より高く売れる可能性が高まります。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

執筆
オウチーノニュース編集部

マイホーム購入のダンドリ、不動産売却にかかる費用、賃貸物件の探し方など、住まいの基礎知識から契約、税金といった専門的な内容までわかりやすく解説。宅地建物取引士や司法書士、税理士、FPなどの不動産・お金の専門家が、監修・執筆した記事を配信しています。
コンテンツポリシー

この記事に関するキーワード

関連記事

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定
無料

不動産を売るならまずは一括査定!
一度に複数の査定結果を比較できるので、より高く売れる可能性が高まります。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

不動産サービス