賃貸マンション・アパートの排水溝が詰まったら誰の責任?費用は誰が負担する?

賃貸マンション・アパートの排水溝が詰まったら誰の責任?費用は誰が負担する?

賃貸物件の持ち主はあくまでも家主で、入居者は借りている立場です。
では、その物件の排水溝が詰まってしまったら、使用している借主は自腹で修理しなければならないのでしょうか?

この記事では、賃貸マンション・アパートの排水溝が詰まったら費用は誰が負担するのか解説します。

家の売却を考えて、この記事を読んでいる方は、不動産一括査定がおすすめです。下のフォームを入力すれば、 複数の会社の査定結果を比較 できるので、 高く・早く 売れる可能性が高まります。

  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

賃貸マンションやアパートで排水溝が詰まった場合の修理費用、負担の責任は誰にある?

食器を洗ったり、シャワーしたり、トイレの使用後など、私たちは暮らしの中で、毎日たくさんの水を使います。
そのときに、必ず通るのが排水溝。 排水の中には不純物が含まれているので、使用していると徐々に排水溝が詰まり、水が流れにくくなることも珍しくありません。
中には、まったく水が流れなくなったり、階下の住宅の天井に排水が流れ込んだりするケースもあります。 

実際に賃貸マンションやアパートで排水溝が詰まった場合、修理費の負担はどうなるのでしょうか。
通常の使用の範囲で配水管が詰まった場合、修理費は貸主が負担するものだという考え方と、借主が負担するものだという考え方の両方があります。

修理費は貸主が負担するという考え方では、排水溝や排水管は建物全体の設備の問題として処理されるため、入居者がその修理費を負担する必要はありません。

修理費は借主が負担するという考え方では、生活する中で消耗した排水溝や排水管などの設備メンテナンス代は貸主が払うべきだとされます。

どちらの考え方が採用されるとしても、自分で修理業者を手配するのではなく、まずは管理会社(不動産業者)に相談し、管理会社経由で修理業者を手配してもらうことをおすすめします。

その際に、修理にかかる費用負担についても確認してみましょう。

家主や不動産業者によっては指定水道業者と提携している場合があるので、家主(借主)負担で提携業者に修理を依頼してもらえます。

この時、通常は貸主が負担する物件でも、自分で探した修理業者を手配してしまうと、請求書の宛先が自分になってしまう可能性があります。
そのような場合、後から家主と修理費用の請求について交渉すると、提携業者との差額を請求されるケースもあるので、注意してください。

また、入居からあまり期間が経っていない場合は、排水溝や排水管の消耗責任借主にがあるとは考えにくいので、遠慮せず家主に負担してもらうよう交渉することをおすすめします。

ただし、通常は家主が修理費を負担する物件でも、入居者に重大な過失がある場合は自腹で修理をしなければなりません。
例えば、排水溝に誤って物を落として異物を流してしまった場合や、大量の固形物が含まれる液体を、そのまま排水管に流してしまった場合などは費用負担の責任は借主になります。
快適に暮らすためにも、修理費の負担責任を負わないためにも、排水溝や排水管の正しい使い方を心がけることが大切です。

また、分譲マンションで排水溝や排水管のつまりを発生させた場合は、詰まった場所によって責任が変わります。 例えば、専有部(自分の部屋)でつまりが発生した場合、その責任は区分所有者(自分)にあります。

一方、共有部分でつまりが発生した場合、修理費用は管理組合負担となる可能性が高いです。

また、排水溝や排水管のつまりが原因の漏水で被害を受けた場合は、責任が誰にあるのかを明確にしたうえで、損害賠償を請求することも視野にいれましょう。

漏水事故の賠償の相場について

排水溝や排水管のつまりが原因で、漏水事故に発展することもあります。

漏水事故の賠償の相場は、水によって濡れてしまった範囲によって異なるので、最悪のケースを想定しておくことが重要です。

例えば、家中の家電や家具が漏水によって使えなくなってしまった場合、それらの損害賠償として100万円前後を請求されることもあるでしょう。

このような場合にそなえて、個人賠償責任保険に入っておくと安心です。個人賠償責任保険でカバーされる範囲については後ほど紹介します。

排水溝や排水管つまりに備えた対策

排水溝や排水管つまりに備えて、メンテナンスや保険など、日ごろから適切な対策をしておくことが重要です。ここからは、排水溝や排水管つまりに備えた具体的な対策について紹介します。

排水溝や排水管のメンテナンス

マンションやアパートでは、定期的に雑排水管清掃が行われています。下の階から上の階へ順番に、各住居から高圧洗浄ノズルで排水管を洗浄する方法が一般的です。

しかし、排水溝や配水管は、脂肪分の付着やバイオフィルムと呼ばれる細菌のかたまりなどによって、徐々に水の流れが妨げられるようになります。

また、ヘアピンやボタンなどの固形物を誤って流すと、それを起点に髪の毛や糸くずが絡まって非常に詰まりやすくなります。

日常的な対策として、普段から異物が流れないよう注意しておきましょう。
定期的に市販のパイプ洗浄剤を使用すると、髪の毛などの詰まりの原因が洗い流せます。
「最近水が流れにくくなったな」と思ったら、ワイヤー式の専用器具などを用いてパイプ内をさらってみましょう。
髪の毛やヘドロのかたまりが取れて、水が流れやすくなります。
ラバーカップはトイレだけでなく、定期的に台所や浴室の配水管を掃除するのもおすすめです。

これらの方法を使っても直らない場合、状況を悪化させてしまわないよう、専門家の助けを借りましょう。

漏水に備えた保険

排水溝や排水管のつまりによって住宅設備や周辺の住人に損害を与えた場合、損害賠償をする必要があります。

漏水によって他人の財産に損害を与えた場合、火災保険は使えません。そのため、個人賠償責任保険に入っておく必要があります。個人賠償責任保険に入っていれば、他人の家財の修繕費用などの損害賠償は保険金から支払われるので安心です。

また、マンション管理組合が損害保険を手配してくれることがあります。しかし、マンション管理組合の保険は、原則として専有部はカバーしていないので注意してください。専有部の水漏れ対策としての保険は、各人で火災保険(もしくは個人賠償責任保険)を契約する必要があります。

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定
無料

不動産を売るならまずは一括査定!
一度に複数の査定結果を比較できるので、より高く売れる可能性が高まります。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

執筆
オウチーノニュース編集部

マイホーム購入のダンドリ、不動産売却にかかる費用、賃貸物件の探し方など、住まいの基礎知識から契約、税金といった専門的な内容までわかりやすく解説。宅地建物取引士や司法書士、税理士、FPなどの不動産・お金の専門家が、監修・執筆した記事を配信しています。
コンテンツポリシー

この記事に関するキーワード

関連記事

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定
無料

不動産を売るならまずは一括査定!
一度に複数の査定結果を比較できるので、より高く売れる可能性が高まります。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

不動産サービス