高気密・高断熱な住宅とは?省エネ上手さんが知るメリット・デメリット

高気密・高断熱な住宅とは?省エネ上手さんが知るメリット・デメリット

一生もののマイホームを手に入れたなら、毎年の冬の寒さ、夏の暑さからは逃れたいところです。冷暖房を無制限に使用すれば適うことかもしれませんが、光熱費の面から、また環境負荷の面からも好ましい方法とは言えません。一年中、家の中で快適に過ごすためには家そのものが高いスペックを持つことが大事です。このとき核となるのが「高気密」「高断熱」です。

高気密・高断熱の家とは?

販売している家を注意深く見ていると、その売り文句として「高気密」「高断熱」をあげているものがあります。「高気密」「高断熱」が売りになる理由を考えてみましょう。

まず、高気密です。高気密住宅をわかりやすい言葉で説明すると、隙間風が入ってこない家、です。特に冬場は隙間風が入ってくると室内の温度が下がってしまい室温をもとに戻すために余計なエネルギー(暖房)を使うことになります。そうならないようにするのが高気密な住宅です。暖房効率が良ければそれだけ省エネになり、環境にも家計にも優しくなります。

高断熱はどうでしょうか。熱を断つ、という言葉が意味するように、家の中と外の熱の出入りをできるだけ少なくするようにしているのが高断熱住宅です。夏の照り付けるような日差しはどの家にも同じように降り注ぎますが、その日差しを受けた屋根や外壁、窓などに断熱処理を施していれば、室内に入ってくる熱量は少なくなり、室温の上昇を抑えることができます。エアコンの温度をいちいち下げなくても済むわけです。反対に冬は外の室内の暖気(熱)が外へ出て行ってしまうことを防ぐ役割があります。1年を通して高い省エネ効果が期待できるのが高断熱の住宅です。

高気密・高断熱の家のメリットとデメリット

高気密・高断熱の家をメリット・デメリットで考えてみましょう。

高気密・高断熱の家のメリット

室温が安定し、快適に過ごせる

高気密・高断熱のメリットは外気温による室温への影響を少なくできることです。家に入れば季節を問わず、室温が安定していて、冷暖房への依存度も少なくなります。

冷暖房費が節約できる

室温が安定し、冷暖房への依存度が少なくなれば、冷暖房費の削減が期待できます。気密性、断熱性が劣る大きな家だと、それぞれの部屋用に冷暖房を購入しなければなりませんが、高気密・高断熱の住まいであればそうした初期投資も抑えられます。

防音効果も期待できる

隙間風の通り道をしっかりふさいだり、室内外の熱の出入りを抑えることは、音漏れを抑制することにもつながっています。そのため高気密・高断熱の住宅は防音効果が高いと言われています。

高気密・高断熱の家のデメリット

建築コストが高くなる

高気密・高断熱を実現するには、性能の良い断熱材や気密テープをより多く使用することになります。窓ガラスやサッシにも性能の高さが求められるため、通常の住宅よりは建築コストは高くなります。

使えない暖房器具がある

一般に高気密・高断熱の家では室外に排気できないタイプの石油ストーブは使えなくなります。

気密性・断熱性の指標

やや専門的な話になりますが、気密性・断熱性がどの程度のレベルにあるかを示す指標があります。C値・Q値・Ua値などです。

住宅の気密性を示すC値

C値とは、家の広さに対してどれだけ隙間面積があるかを示すものです。気密が高いということは隙間が少ないことなので、高気密な家ほどC値は低くなります。C値の測定は施工後の家で専用の機械を使って行います。建築前の住宅ではC値が分からないため広告などで表示されることもありません。

室内から失われる熱を示すQ値

室内の熱は窓、床、外壁、天井、屋根などから室外へ逃げていきます。これを熱損失といい、その損失度合いを係数で示すのがQ値です。計算は熱損失量の合計を家の面積(延床面積)で割って求めます。数値が低いほうが断熱性能が高いとみなされるわけです。ただし、現在はより正確な断熱性能を知る方法として、次に紹介するUa値が使われるほうが一般的となっています。

熱損失係数の省エネ基準となったUa値

Ua値も熱損失の度合いを係数で示す点ではQ値と同じです。違いは熱損失量の合計を割る分母が延床面積から外皮面積に変わることです。外皮面積とは天井、壁、床、窓等のうち熱的境界に接している面の面積のことです。平成25年に改正された「次世代住宅省エネ基準」では、Q値に変わってこのUa値が基準値として採用されています。

パーツ別、家の断熱

家の断熱を部分で考えるなら、窓とそれ以外に大きく分けることができます。

窓(ガラス・サッシ)

窓は室内と室外の熱交換がもっとも多く行われる場所なので、最優先での検討が必要です。断熱対策を施したガラスやサッシも多数あります。

窓の断熱はガラスを複層にすることが断熱対策の基本です。ガラス2枚を複層ガラス、3枚をトリプルガラスと呼ぶのが一般的です。複層にするとガラスとガラスの間(中間層)に空間が生まれますが、ここに空気ではなくアルゴンガスを入れると、より断熱性能が高まります。また、ガラスの表面にLow-E膜といわれる特殊な金属膜をコーティングしたガラスも断熱性の優れた商品として人気です。断熱性能を考えるときはこれらの組み合わせがどうなっているかでチェックすると良いでしょう。

サッシも断熱には重要な役割を果たします。一般的なサッシはアルミ製のものが多いですが、断熱効果を考えるなら樹脂製のサッシ(樹脂フレーム)の方が圧倒的に優れています。ガラスの材質だけでなく、サッシにも気をつけることで窓の断熱効果には大きな違いが生まれるのです。

天井・床・壁

暖かい空気は天井に向かっていくので、天井の断熱性を高めれば暖かい空気が逃げていきづらくなります。床の断熱は足元からの冷気を防ぐためには欠かせません。壁は総面積が広いため、熱の出入りが頻繁に行われる場所です。断熱性能が大きく影響する場所と言えます。

これらの部位で共通することは、断熱性能を高めるために断熱材を使用することです。断熱材の種類はグラスウールやロックウールのように広く利用されているもののほかに、セルロースファイバーや羊毛などの天然素材系のもの、発砲プラスチック系のものなど様々です。断熱を施す場所にあった断熱材を利用しましょう。

建築後に自分でできる断熱対策

すでに住んでいる家や、中古で購入を検討している家など建築後の家に対してはどのような断熱対策ができるのでしょうか。

外から入る冷気を防ぐことが暖かい暮らしへの第一歩

寒さに満ちる冬。外から帰ってきたら家の中が冷え冷えしているという経験を、多くの方がお持ちでしょう。日本の家屋は、高温多湿な日本の風土に適応するように、風通しが良く、空気が吹き抜けるような構造になっているため、古民家など昔ながらの家屋は、夏は涼しく過ごせるけれど冬は寒いと感じられることがあります。

密閉性の高い住宅であっても、外の冷気が窓や玄関などを伝って入ってくることは避けられず、入ってきた冷気は密閉性が高いゆえに外へ逃げていかないため、「断熱仕様でも家の中が寒い」ということになります。寒さ対策の基本は、冷気を入れず熱を逃がさないこと。まずは窓から。真冬でも夏のカーテンのままという人はいませんか?

カーテンを、外の冷気を遮断できるような分厚いものに換えましょう。冷気は暖気に比べて重いので、カーテンが短いと下から冷気が入ってきますから、床まで届く長いものにします。余裕があれば、窓に断熱材を貼りましょう。ホームセンターで売っている断熱シートを貼れば、夏には外の熱気や直射日光を防ぎ、暑さ対策にもなります。

予算がないという人は、「プチプチ」と呼ばれる梱包材(エアパッキン)を貼っても効果があります。床には暖色系のカーペットを敷いて、下からの冷気をカット。「頭寒足熱」ということばでも分かる通り、足で感じる冷えは思った以上にダメージがあるものです。一戸建てであれば、可能なら、床下の通気口にも目を向けて。家の換気のための設備ですが、冬の間だけ板などで塞いでしまうと、更に冷気を防げます。

断熱リフォーム工事という冷気対策もある

根本的に家を暖かくしてしまいたい、と考えるなら、断熱リフォーム工事も検討してみてはいかがでしょう。断熱材を新たに貼る、または最新のものに貼り直す、断熱ガラスに換えるなど家全体を断熱仕様にする、など、いろいろあります。

適切に断熱することで、家の中が暖かく快適になり、「万病のもと」と言われる冷え性と無縁の生活が送れるようになります。断熱リフォーム工事は、壁と床、屋根をはがして断熱材を施工する大がかりなものが一般的ですが、近年では、既存の壁・床をそのままにして、部屋の内側と床下に断熱材を施行し、仮住まいなどをしなくても工事が行える工法も現れました。

温かい部屋から急に温度の低い部屋へ行くことで、血管が収縮し血圧が上昇して、脳卒中や心筋梗塞を誘引する「ヒートショック」現象は、断熱レベルが低い家では起こる危険性が高まるため、家全体を断熱仕様にすることは、ヒートショックを起こしやすい高齢者が住む家庭では、健康を守るためにも意味のあるものです。

そこまで費用をかけられないわ、という方は、上述したように、カーテンを換える、窓ガラスに断熱材を貼る、という対策を。その際、カーテンは、視覚で暖かさを感じさせる暖色系に。イメージは意外に侮れない効果があるものです。コタツの上に鍋ものの湯気、という光景、文章で書いただけでも「暖かそう」と感じさせませんか?視覚などの五感もフル活用して、寒い家を暖かい家に変え、凍える冬を少しでも温かくして乗り切りましょう。本当に暖かい春はもうすぐです。

省エネ基準地域区分について

住宅の省エネルギー性能は、1.住宅の窓や外壁などの外皮性能を評価する基準、2. 設備機器等の一次エネルギー消費量を評価する基準によって評価されます。

1.の基準では前述のUa値が指標となります。ただし、日本列島は南北に細長く、気候が大きく異なるため、北海道も沖縄も一律の数値とすることは適切ではありません。そこで、地域に適した区分を設定しています。それが省エネ基準地域区分と呼ばれるものです。

  • 省エネ基準地域区分(都道府県単位)
地域区分 都道府県名
1 北海道
2 北海道、青森県、岩手県、秋田県、福島県、栃木県、群馬県、長野県
3 北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、栃木県、群馬県、石川県、山梨県、長野県、岐阜県、奈良県、広島県
4 青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、東京都、新潟県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、愛知県、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、愛媛県、高知県
5 宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、愛媛県、高知県、福岡県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県
6 茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、石川県、福井県、山梨県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県
7 千葉県、東京都、神奈川県、静岡県、愛知県、三重県、大阪府、和歌山県、山口県、徳島県、愛媛県、高知県、福岡県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県
8 東京都、鹿児島県、沖縄県

※市町村ごとの詳細は別途地域区分詳細によって決まります。

ZEHやHEMSとは

省エネ住宅に関心がある人は、ZEHやHEMSという略字を目にしたことがある人もいるのではないでしょうか。

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)

ZEH(「ゼッチ」)には、「高断熱でエネルギーを使わない」「高性能設備で使用エネルギーを削減する」「太陽光発電等でエネルギーを創る」の3つの特徴を兼ね備え、正味(ネット)でエネルギー消費量と創エネルギー量の差し引きをゼロ以下となる住宅が該当します。ここでもUa値がひとつの基準として使用されています。

また、共同住宅や都市部で十分な採光が得られずエネルギーの創出が難しい住宅に対しては差し引きゼロ以下の基準を緩和するNearly ZEHという基準も別に設けられています。

HEMS(ホーム エネルギー マネジメント システム)

HEMS(「ヘムス」)とは、家庭で使うエネルギーの使用を見える化し、自動制御等で最適な利用状況にすることでエネルギーの無駄をなくすシステムのことです。

ZEHで「高性能設備で使用エネルギーを削減する」とありましたが、エネルギーを減らすためには、どの部分でどれだけの量のエネルギーが使われているかを知る必要があります。HEMSの「見える化」はこのような特に役に立つのです。

戸建てとマンションの気密・断熱の違い

戸建てとマンションでは気密性や断熱性にどのような違いがあるのでしょうか。

一般的に戸建てとマンションではマンションのほうが暖かいことが多いため、マンションのほうが気密性・断熱性に優れていると言われます。その理由としてあげられるのが建材の違いと、外部との接触面積の違いです。

マンションの主要建材である鉄筋コンクリートは木材に比べ蓄熱量が大きいという特徴があります。一度温まると冷めにくくなるため高い暖房効率を維持できるわけです。一方で冷えると温まりにくいという性質もあり、これは夏季の冷房効率を良くするためにプラスに作用します。また、鉄筋コンクリート造は木造に比べ隙間が少なくなるため高気密となることも指摘されます。

外部との接触面積については、独立した戸建ては全方位が外皮面積に相当するのに対して、マンションの個々の住居は上下左右を隣家と接していることがほとんどであり、外気との接触が少なくなることから、エネルギーの損失が少なくなります。

この点だけ説明するとマンションのほうが断熱性に優れているように思われるかもしれませんが、マンションは戸建てのように後から断熱性を高めるための施策がしづらいという問題もあります。外壁や窓は共用部にあたるため、個人が勝手に変えることはできません。将来、有効な断熱材や断熱工法が登場しても、それを利用できない点はデメリットと言えるでしょう。

高気密・高断熱住宅は税金で得をする?

2022年の税制改正によって住宅ローン減税の基準にいくつか変更がありました。その中の一つが、住宅の省エネ基準に応じた最大控除額の変更です。端的に言えば、省エネ基準が高い住宅ほどメリットが大きくなる、ということです。

  • 住宅ローン減税における最大控除額
2022・23年入居|2024・25年入居
新築 認定住宅 455万円
新築 ZEH水準省エネ住宅 409.5万円
新築 省エネ基準適合住宅 364万円
新築 その他の住宅 273万円
中古 認定住宅等 210万円
中古 その他の住宅 140万円

※2023年までに新築の建築確認済みのもの。

認定住宅とは長期優良住宅・低炭素住宅のことです。中古の認定住宅等とは認定住宅に加え、ZEH水準省エネ住宅、省エネ基準適合住宅が含まれます。また、買取再販住宅については新築と同様の基準が適用されます。

前述のZEHも登場しています。国は住宅の省エネ化を進めていくことを掲げていますので、今後も高気密・高断熱住宅が税制上有利になるケースがあちこちで出てくるかもしれません。

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定
無料

不動産を売るならまずは一括査定!
一度に複数の査定結果を比較できるので、より高く売れる可能性が高まります。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

執筆
オウチーノニュース編集部

マイホーム購入のダンドリ、不動産売却にかかる費用、賃貸物件の探し方など、住まいの基礎知識から契約、税金といった専門的な内容までわかりやすく解説。宅地建物取引士や司法書士、税理士、FPなどの不動産・お金の専門家が、監修・執筆した記事を配信しています。
コンテンツポリシー

この記事に関するキーワード

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定
無料

不動産を売るならまずは一括査定!
一度に複数の査定結果を比較できるので、より高く売れる可能性が高まります。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

不動産サービス