新築一戸建ての仲介手数料は値引きできる!ちょっとしたコツとは

新築一戸建ての仲介手数料は値引きできる!ちょっとしたコツとは

いわゆる「建売」と呼ばれる、新築一戸建ては、多くが不動産会社の仲介で購入することになるため、売買代金の3%+6万円を上限として仲介手数料が発生します。これが初期費用としては結構「イタタ…」な額に。もしも、この仲介手数料が値引きできるとしたら!?

不動産会社の仲介物件にかかる仲介手数料

新築一戸建ての売り出し情報は大別すると、売主から直接出される場合と、仲介会社を通して出される場合の2パターンがあります。

物件所有者である売主が直接、買主と直接取引する場合は、仲介者がいないので、仲介手数料等は発生しません。

しかし多くの物件は、仲介会社が、広告や現地販売などを行って世間に情報を開示し、買主と引き合わせることで売買が成立するため、仲介手数料が発生します。売買契約成立時には、売主と買主の双方が、「物件価格の3.24%+6.48万円(消費税8%込)」を法律で定められた上限として仲介手数料を仲介会社に支払わなければなりません。

例えば、3,000万円の物件を購入した場合、売主・買主ともに、3,000万円×3.24%+6.48万円=103万6,800円を支払うことになります。一般的には、契約成立時にこの半額をまず支払い、残金決済時に残り半額を支払います。

仲介会社にとってはこの仲介手数料は自社の貴重な収入源なので、必ず請求されます。どちらにせよ、買主にとっては、いろいろかかる初期費用が更にかさむことになるので「できれば、仲介手数料は安いほうがいいな」と思うのも、ごもっとも。

ではもしも、仲介手数料が何らかの手段で値引きできるとしたら、どうでしょう?

仲介手数料を値引きするためのコツ

結論から申し上げると、仲介手数料を下げることは、可能です。「物件価格の3.24%+6.48万円(消費税8%込)」は、あくまで上限=最も高い額。それより低い額の支払いになることは(仲介会社の収入が減ることになるので、最初から下げることはありませんが)全く問題ありません。

一般媒介であれば、複数の仲介会社に仲介を依頼していることが多いので、いくつかの仲介会社に問い合わせて、その中で最も安い額を提示する仲介会社から購入すれば良いだけです。

売主は、できるだけ早く物件を売ってしまいたいと考えている人が大半。対象の物件を気に入ったら「この額なら購入します」と希望の額を提示した上で購入の意志をはっきりと示せば、応じてくれる仲介会社は少なくありません。

または、物件の購入額そのものを値引きしてもらえば、結果として仲介手数料の額も下がることになります。最近では、広告掲載時に「仲介手数料無料」を謳っている物件もあるので、それに絞って探せば、最初から仲介手数料はありません。

大手仲介会社が新築一戸建てを売り出す場合は、広告も営業も社内で行うので仲介業者を必要とせず、仲介手数料をとらない物件もあります。ただ、仲介手数料は、仲介業者にとっては、物件の買主を見つけるまでにかかった、販売事務所費、販売員の人件費、広告費などを賄うための収入でもあります。

そこを削るということは、どこかで無理をしている、ということ。それは物件そのものかもしれないし、売主の売却額かもしれないし、仲介業者自身の懐かもしれません。仲介手数料を値引きするときは、その辺りにも少しだけ目を向けて、不利のないよう、後からトラブルになることのないよう、注意して交渉してみて下さい。

執筆
オウチーノニュース編集部

マイホーム購入のダンドリ、不動産売却にかかる費用、賃貸物件の探し方など、住まいの基礎知識から契約、税金といった専門的な内容までわかりやすく解説。宅地建物取引士や司法書士、税理士、FPなどの不動産・お金の専門家が、監修・執筆した記事を配信しています。
コンテンツポリシー

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定
無料

不動産を売るならまずは一括査定!
一度に複数の査定結果を比較できるので、より高く売れる可能性が高まります。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

不動産サービス