一戸建てとマンションの固定資産税の違い

一戸建てとマンションの固定資産税の違い

家を購入すると課税される固定資産税は、一戸建てとマンションでどう違うのでしょう。同じ値段で購入した新築の一戸建てとマンションの固定資産税の支払額が、その後30年でいくらになるのか、実際にシミュレーションしてみます。

固定資産税とは

マイホームを購入すると、固定資産税と都市計画税が課税されます。これは、毎年1月1日時点で不動産の所有者に課税される地方税です。固定資産税は課税対象額に対し1.4%、都市計画税は0.3%の税率でそれぞれ毎年課税されます。なお、課税対象額は、各自治体が3年に1回見直しを行って決める固定資の評価額を基に計算されます。
ただし、固定資産税には軽減措置があり、土地に対しては、一戸建てでもマンションでも、200平米以下の住宅用地は課税標準額が1/6に軽減されます。建物に対しても、新築の場合は1/2の軽減措置がありますが、一戸建ての場合は軽減されるのは3年間、マンションの場合は5年間です。

一戸建てとマンションの固定資産税

さて、おおまかな固定資産税は述べたとおりですが、一戸建てとマンションでは、購入価格に占める土地と建物の比率が大きく異なります。マンションでは、敷地面積を戸数で割ったものが土地の所有区分となるため、土地よりも建物の価格のほうが、購入金額に占める割合が高くなります。物件価格を10とした場合、一戸建ては土地7、建物3なのに対し、マンションはその逆で、土地3、建物7の比率になります。
また、建物の耐用年数は、一戸建てが22年、マンションは47年に設定されており、マンションのほうが建物の価値が減る減価償却期間が長くなり、結果的に固定資産税の高い状態が続きます。

一戸建てvsマンションの税額比較

では具体的に、購入価格が同じ5,000万円の新築の一戸建てとマンションの場合の、30年間の固定資産の支払い額を見てみましょう。計算を簡単にするために物件の初期評価額は、土地が購入価格の37%、建物が一戸建て25%、マンション30%として計算し、また評価額は変わらないものとして計算します。 このように、固定資産税だけ見ると、一戸建てよりものマンションほうが高く、同じ購入金額なら購入後にかかる費用は、一戸建てのほうが割安といえそうです。

参考記事
東京・神奈川・千葉・埼玉の新築マンション!3月入居のメリットとデメリットとは

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定

無料

オウチーノがおすすめする「HOME4U」では、 厳選した1,300社の優良企業から
相性の良い不動産会社を厳選して最大6社にまとめて査定依頼が可能です。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
powered by
NTTデータグループ運営の
不動産一括査定サイト
HOME4U
オウチーノニュース編集部

この記事に関するキーワード

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定

無料

オウチーノがおすすめする「HOME4U」では、 厳選した1,300社の優良企業から
相性の良い不動産会社を厳選して最大6社にまとめて査定依頼が可能です。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
powered by
NTTデータグループ運営の
不動産一括査定サイト
HOME4U

不動産サービス