ガタが来るのは何年目?築年数別、リフォーム費用のアップダウン

ガタが来るのは何年目?築年数別、リフォーム費用のアップダウン

家は人と同じで年月を重ねるほど、イタみや不具合を起こします。時間の経過とともに、直さなければならない場所は増え、負担も大きくなっていきます。今、住んでいる家はもちろん、これから中古で物件を購入する場合などは建物の築年数をしっかりと把握し、今後どのようなリフォームが必要になるのか、その費用と内容を把握することが大切です。

築年数別、リフォームにかかる費用

まず初めに家の築年数別にリフォームにかかった費用について確認してみましょう。こちらはリフォームO-uccinoを利用してリフォームした方の情報をデータ化したものです。

築5年目までのリフォームはおよそ28万円。築6年~築10年以内でおよそ79万円です。そもそも築10年以内だとリフォームの数自体が少なく、リフォームO-uccinoへの問合せ数にしめる割合は13.1%ほどです(※築年数不明のものは除く)。

築11年~20年以内になるとリフォーム費用はぐんと上がり150万円を超えてきます。築21年~30年以内ではおよそ175万円です。詳しくは次章以降で説明しますが、工事内容に水周りが多くなり設備の交換による費用アップが現れている数値と言えるでしょう。

築30年以上になるとはじめてのリフォームを家全体で大掛かりに行うケースと、すでに一度リフォームした箇所の2回目のリフォームというケースがあります。工事費用の平均はおよそ236万円です。

築11年超えの方に朗報。オウチーノのリフォーム見積もりでご希望に沿ったリフォームを!

オウチーノでは、「匿名」「無料」でリフォーム会社に相談・見積もりすることが可能。
リフォームしたい物件情報(簡単な概要)とリフォーム希望箇所、予算などの条件、メールアドレスだけで、厳しい選定基準をクリアした優良リフォーム会社を最大9社ご紹介いたします。
匿名だから、リフォーム会社からしつこい営業や勧誘もございません。
複数の会社からメールで届く費用や提案を比較し、ご希望に沿ったリノベーションを行うことが可能です。 →匿名、無料で今すぐ相談・見積もりをする

築浅時はこだわりのリフォーム、築古では家全体を修繕

次に家の築年数別に、リフォームを行った箇所を見てみましょう。こちらもリフォームO-uccinoのデータによるものです。

築5年目までのグラフが他のものと明らかに違っていることがお分かりいただけると思います。これは工事の内容が修繕ではなく、新しく何かを付け足すような造作工事が多くあるためです。

具体的には「建売で購入した家の庭にフェンスを作る」「ベランダをウッドデッキ仕様に変更する工事」「リビングに壁面収納を造作したい」、というような工事です。交換を伴うリフォームでは、既存のものを解体する解体工事費や、廃棄物を処理する残材処分費などが発生しますが、新たに何かを付け足す工事ではそうした費用がかからないのでコストも抑えられます。

築6年~築10年以内以降のグラフは概ね同じような構成で、水周りが全体の40%程度、室内と室外が40~50%です。工事内容を細かく見ていくと、同じ水周りの工事でも築年数が浅い場合は設備の増設(ビルトイン食洗機の設置、便座を温水洗浄機能付に変更など)や、中古購入にあたっての交換工事(ユニットバスの浴槽交換や洗面台の鏡交換など)が多いのに対し、築古の物件は水漏れや故障など設備の老朽化によるトラブルによる工事のしめる割合が増えてきます。

トラブルが原因による工事の場合、すぐに直さなければならないことが多く、工事会社の選定に時間をかけられない点や、一時的に仮住まいを用意しなければならないこともあるなど、費用面で負担増となりがちです。理想は完全に使えなくなってしまう前に工事をしておくことでしょう。

また、築古になるほどに家全体のリフォーム工事の割合が増えていくのは特徴的です。築11年~20年以内では6%だったものが築30年以上では15%とおよそ3倍になっています。家全体のリフォーム工事を希望する人は、ほとんどのケースではじめてのリフォームになり、一時的な費用負担額が大きくなります。

こまめなメンテナンスで老朽化を防ぐ。中古はリフォーム履歴を確認

築年数が古くなるほど工事が広範囲に及び、工事金額も大きくなるのは一見当たり前のようですが、より賢く家をケアしていく方法があります。それはメンテナンスリフォームをこまめに行なうことです。

顕著な例は一戸建ての外壁や屋根に関してです。外壁はモルタル、屋根はスレート材のよくある一戸建ての場合、外壁は塗装を10年ごとに、屋根は10年単位で点検・補修がひとつの目安となっています。

これらはメンテナンスリフォームと呼ばれるものですが、それを行なわずに放置したままでいると、ある日突然、雨漏りが発生する可能性があります。一度雨漏りが発生すると、外壁も屋根も塗装や部分的な補修では補うことができず、大掛かりな張替え工事が必要となります。

工事金額も跳ね上がりますし、仮住まいが必要になったらその引っ越し費用と住宅費用も発生し、思わぬ費用負担を一時に迫られることになります。メンテナンスリフォームを行なうことは、家の老朽化を防ぐとともに資金計画も立てやすいというメリットがあります。

中古住宅を購入する場合は、リフォーム履歴を確認するようにしましょう。どの箇所をいつリフォームしたのかが分かれば、次のリフォーム時期の目安も分かります。住宅設備などは取り扱い説明書もきちんと引き継ぐようにしましょう。メンテナンスを行なうときにメーカー名や品番が分からないと、余計な手間や時間がかかってしまいます。また、すでに製造をやめてしまっているメーカーの設備では、部品交換などができないなど、不便なことがあります。

オウチーノニュース編集部

この記事に関するキーワード

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定

無料

不動産を売るならまずは一括査定!
一度に複数の査定結果を比較できるので、より高く売れる可能性が高まります。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

不動産サービス