新築一戸建ての登記費用はいくら?

新築一戸建ての登記費用はいくら?

家の売却を考えて、この記事を読んでいる方は、不動産一括査定がおすすめです。下のフォームを入力すれば、 複数の会社の査定結果を比較 できるので、 高く・早く 売れる可能性が高まります。

  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

注文住宅を建てるとき、登記に費用はいくらくらい掛かるのでしょうか。どのような基準で登記費用が決まるのか解説します。

新築の際は登記を忘れずに

なぜ新築をするときに登記が必要なのでしょうか。
不動産登記とは、不動産(土地・建物)の物理的現況及び私法上の権利関係を公示することを目的とする登記のことで、土地や建物が自分のものであることを公的に認めてもらうために登記をする必要があるのです。
新築した家や買った土地の登記をしておかないと、10万円以下の過料が課せられます。表示に関する登記は取得してから1ヶ月以内に登記をしないと10万円以下の過料(罰金のようなもの)と法律で決まっています。
また、住宅ローンを利用する場合は、土地や建物に抵当権という権利を登記しなければなりません。これは、あなたが住宅ローンを支払えなくなった場合、銀行が住宅ローンを払えない代わりに土地と家をもらえる権利です。住宅ローンを利用しない場合は登記をしなければ登録免許税という税金を節約できますが、過料というデメリットも有ります。

登記費用にはいくらかかるのか

建物を新築した場合、少なくとも(1)建物表題登記(2)所有権保存登記の2つが必要となり、場合によっては(3)(土地についての)所有権登記名義人住所変更登記(4)抵当権設定登記(5)抵当権追加設定登記(6)(土地についての)抵当権変更登記(7)(土地についての)地目変更登記が必要になります。このうち、(1)と(7)については土地家屋調査士、残りが司法書士の仕事となります。
法律上必ず行わなければならないのは(1)のみで、該当するようであれば(7)も法律上の義務となります。また、住宅ローンを組んでいるのであれば必ず抵当権設定登記が必要となるので、(2)と(3)は必ず行う登記であり、その他の登記は該当する方のみ必要ということになります。
登記が必須の建物表題登記は、
建物を新築した場合に,建物の物理的な状況についての登記をしなければならず、これは法的な義務となっています。建物表題登記をしなければ,その後の所有権保存登記や抵当権設定登記もできません。
かかる費用は建物の種類や構造、大きさなどによって異なりますが、6から10万円程度が一般的な費用です。
また、土地所有権移転登記は、登記簿上の土地の所有者を売主から買主に変えるための手続き費用です。所有権移転登記費用は土地の評価額で変わります。一般的には15万円~25万円程度です。ちなみに抵当権設定費用は、担保のことなので、抵当権設定費用は借り入れ金額によって異なります。

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定

無料

不動産を売るならまずは一括査定!
一度に複数の査定結果を比較できるので、より高く売れる可能性が高まります。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

オウチーノニュース編集部

この記事に関するキーワード

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定

無料

不動産を売るならまずは一括査定!
一度に複数の査定結果を比較できるので、より高く売れる可能性が高まります。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

不動産サービス