中古住宅を購入する際の手付金とは?

中古住宅を購入する際の手付金とは?

中古住宅を購入する際、資金計画通りに支払えるよう費用を用意しておきますが、つい忘れてしまいがちなのが「手付金」です。手付金は何の費用で、いつ必要になるのでしょうか。いざ契約を結ぶ際、用意できずに購入を諦める、なんてことは避けたいものです。

手付金って何?

手付金とは?

手付金とは、家や土地等の不動産売買契約締結時に売主と買主の間での約束をした証明のお金です。多くは買い手から売主へ渡されることになっています。
また手付金には解約手付、違約手付、証約手付の3種類がありますので、契約時には確認しましょう。

1.解約手付
買い主と売主のいずれかが、契約解除したいときのための保険金です。
買い主が解約した場合は、支払い済みの手付金を放棄し、売主が解約した場合は、手付金を買い主に倍返ししなければなりません。

2.違約手付
契約違反(債務不履行)があった場合の違約金としての手付です。
買い主の不履行の場合は、手付金が没収されます。
売主の不履行の場合は、手付金は2倍にして買い主に返却しなくてはいけません。

3.証約手付
購入する意志があることを示し、契約の成立を証明するものです。買主が、契約する時に売り主に預けるもので、最もよく利用される手付です。

手付金は、いつ必要?

手付金は、いつ必要?

手付金は売買契約時に現金で払います。
手付金を支払って売買契約を買主が不履行にした場合、手付金は帰ってきませんので注意しましょう。
また、手付金を支払う前に契約書を必ずチェックしておく必要があります。
土地や家屋の条件、状況の確認をしましょう。特に中古住宅の場合は同じ築年数でも物件によって状況が変わってきます。一度専門家に内部を確認してもらった方が安心でしょう。

そして次に売買契約書の確認です。これは契約時にしか見られないので、その場での確認になります。
ここで気になるのは、契約書に何が書いてあるかです。必ず契約日前に「売買契約書」と「重要事項説明書」を、不動産会社に頼みもらっておきましょう。
そして、手付金は「何の手付金か」確認しておきましょう。普通、「解約時の手付金」と書かれていますが、ここをきちんと確認し、契約不履行時にどうなるかなどを確認しておいてください。

手付金は、いくら必要?

手付金は、いくら必要?

手付金は売買代金5%~10%が妥当と言われています。
購入額が3,000万円の場合は、150万円~300万円ということになります。かなり幅が広いですが、これはあくまでも目安です。
手付金が僅かな金額の場合は気軽に売主も買主も解約しやすく、金額が高すぎると今度は解約したくてもできなくなるという可能性がありますので、注意が必要です。

売買契約が締結した後は手付金は返ってきません。購入金額の一部に充当されますので頭に置いておいてください。
手付金は大きな金額です。最近は、不動産会社も振込を希望されるところが多く、契約日よりも早く振込するように要求されることもあります。週末に契約の場合は週末の金曜日に支払い指定をされることが多いですが、5日前などと言われたときはやはり身構えてしまう人もいるでしょう。
こういうときはもしものリスクも考えて、一度不動産会社と交渉してみてください。

興味のある物件があり、他の物件も見てみたい時、とりあえずと「手付金」を使うこともありますが、そのお金が戻ってくるのか確認しておいた方がよさそうです。

オウチーノニュース編集部

この記事に関するキーワード

連載記事

カテゴリから記事を探す

不動産サービス