東急田園都市線「あざみ野」の住みやすさに注目!子育ても教育も熱心なファミリー注目の街

東急田園都市線「あざみ野」の住みやすさに注目!子育ても教育も熱心なファミリー注目の街

あざみ野は横浜市青葉区にある地名がそのまま駅名になったエリアで、もともとアザミの花がたくさん咲いていた土地であったことが地名の由来になったと言われています。
東急田園都市線のほぼ中間地点に位置し、渋谷駅とその先(半蔵門線直通)まで1本で行けることから、都心への通勤者のベッドタウンとしての機能を担っています。

また、横浜市営地下鉄ブルーラインの発着点でもあり、横浜方面へのアクセスも良好です。都市部へのアクセスの良さだけでなく、閑静な高級住宅街と自然が身近にあふれる点で、子育て世代のファミリー層から根強い人気を集める街です。

※横浜市青葉区にお住まいの方はこちらもチェック
横浜市青葉区の不動産売却相場

行政手続きから生活必需品、レジャーまで専門施設が揃う

あざみ野駅直結のビルには、コスメ雑貨店や高級志向のパン屋、横浜市青葉区の行政サービスコーナー、花屋が入っています。まず駅西口を出ると目の前にドラッグストアがあり、チェーン系の飲食店も多く見られます。

あざみ野の住みやすさと子育て環境

大通りをさらに西に進むと、ペットホテルを兼ねた大型ペット用品店もあります(確かに、あざみ野周辺を歩いていると優雅に犬と散歩中の人の多いこと!)。そしてさらに進むと、2013年にオープンした郊外型商業施設のあざみ野ガーデンズがあります。
広大な敷地面積の中に、生鮮食品や日用品の専門店、飲食店、美容院がそれぞれ独立店舗を構えています。それだけではなく、ゴルフやテニスをはじめとしたスポーツ施設や屋外バーベキュー場もあり、レジャー要素も楽しめる場所となっています。

あざみ野の住みやすさと子育て環境あざみ野の住みやすさと子育て環境

駅東口を出るとスーパーは東急ストア、三徳があります。
ドラッグストアはスギ薬局とクリエイトがあります。また駅の隣にはタリーズコーヒーがあります。店内はゆったりと広く、朝は出勤前のサラリーマン達の束の間のコーヒータイムを目にします(余談ですが、東急田園都市線で電車が止まってしまった場合、行き場を失った通勤者のたまり場と化します)。

これらをまとめて言うと「あざみ野エリアは必要最低限の買い物には全く困らない。しかし駅近くに大きな目玉スポットはない」というところでしょうか。
特別な日の買い物をしたい、遊びにいきたいとなると隣駅のたまプラーザ、沿線上の二子玉川や、さらには渋谷まで出かける場合が多いです。

絵に描いたような通勤地獄が日常に!? 田園都市線の混雑率は凄まじい

あざみ野の住みやすさと子育て環境

東急田園都市線(渋谷方面行き)の朝の通勤ラッシュの混雑率は、首都圏でもワースト上位に食い込む凄まじさで有名です。
国土交通省の「東京圏における主要区間の混雑率」(平成28年度)によると、朝7時50分から8時50分の間、池尻大橋駅から渋谷駅までの乗車率はなんと184%という調査結果が出ています。東急電鉄のホームページでは、混雑解消のために時間差通勤での利用を呼びかけているほどです。

筆者はかつて毎朝この電車に乗って通勤していたわけですが、身動きできないほどの圧力と、それゆえの殺伐とした車内の雰囲気で、会社に着く前にクタクタでした…。しかも毎日なんらかのトラブル(設備不良や乗客同士の小競り合いなど)で遅延は当たり前でした。帰宅時の渋谷発の電車は、そこまでではなくともやはり混んでいましたし、滅多に座れませんでした。

あざみ野駅は急行の停車駅である点はポイントが高いですが、通勤での移動時間でかなり神経をすり減らします。この沿線に住むと決めたら、相応の覚悟が必要かもしれません。

あざみ野駅は横浜市営地下鉄ブルーラインの始発駅でもあります。
そのため、朝は乗り換えの乗客が駅構内をダッシュで急ぐのも毎日見かけました。しかし始発駅ですので、座席に座れる確率が高い分まだましと言えるでしょう。

ちなみに、ブルーラインであざみ野駅から横浜駅までの所要時間は28分です。感覚的には「あざみ野も横浜市なのに、こんなに時間がかかるの?」と思ったのを覚えています。また、東急田園都市線であざみ野駅から渋谷駅までは急行に乗れば22分ほどで着きます。同じ横浜市であっても、通勤や通学において、より都心志向の人々(俗に言う「神奈川都民」)に選ばれる土地であると言えます。

元々は丘陵地帯!バスは必須の交通手段

あざみ野の住みやすさと子育て環境

あざみ野とその周辺エリアはもともと丘陵地帯なので、とにかく坂が多いのが特徴です。狭い区域の中でもアップダウンが激しく、足腰が弱い方には徒歩での移動は苦痛かもしれません。また、子育てに優しい街と言えどベビーカー連れにもかなり厳しい地形です。

あざみ野の住みやすさと子育て環境

あざみ野駅西口には広々としたバスロータリーがあり、複数の系統、バリアフリー対応のバスが利用可能です。このあたりのバス交通網の発達は、自家用車以外の移動手段として必然と言えるでしょう。

教育に対するモチベーションが非常に高い地域

神奈川県内の中でも、あざみ野が位置する横浜市青葉区は、世帯収入が毎年トップという調査結果が出ています。裕福な家庭なら子どもの教育費にも余裕が出るので、教育に対するモチベーションが非常に高い地域であるのは有名です。

それを示すのが、横浜市教育委員会が毎年ホームページで発表している「市立小学校等卒業予定者の進路状況調査」です。
毎年、青葉区は小学校卒業予定者の私立中学への進学率が、市内の行政区別ランキングで断トツでトップとなっています。

あざみ野の住みやすさと子育て環境

また、毎朝駅のホームでは制服を着た小学生たちが電車を待っている場面も目にします。小学校受験も非常にさかんな地域のため、駅周辺にはお稽古スタジオや幼児教室、学習塾が多く見られ、住民の教育熱心な気質が伝わってきます。2013年には隣駅の江田に慶應義塾横浜初等部が設立され、沿線ファミリー層ののお受験モードは今後もよりヒートアップする可能性が大きいでしょう。

「中学受験は当たり前」という土地柄のため、経済的な理由や家庭の教育方針、子ども本人の学業成績によっては、肩身が狭く感じることが多いかもしれません。

このように、あざみ野は横浜市内でもライフスタイルが都心志向のファミリー層に支持され、子育てに全力投球できるエリアです。
通勤ラッシュの凄まじさや子どもの教育への価値観や費用など、住む前に検討すべき事項もいくつかあります。

しかし、計画都市ならではの洗練された街並みと昔ながらの自然が融合したこの街は、これから子育てを始める方々にもぜひ視野に入れて欲しいエリアです。

あざみ野駅の新築・中古マンション一覧
あざみ野駅の新築・中古戸建て一覧

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定
無料

不動産を売るならまずは一括査定!
一度に複数の査定結果を比較できるので、より高く売れる可能性が高まります。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

執筆
オウチーノニュース編集部

マイホーム購入のダンドリ、不動産売却にかかる費用、賃貸物件の探し方など、住まいの基礎知識から契約、税金といった専門的な内容までわかりやすく解説。宅地建物取引士や司法書士、税理士、FPなどの不動産・お金の専門家が、監修・執筆した記事を配信しています。
コンテンツポリシー

この記事に関するキーワード

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定
無料

不動産を売るならまずは一括査定!
一度に複数の査定結果を比較できるので、より高く売れる可能性が高まります。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

不動産サービス