引越し挨拶は必要?中古マンションのご近所付き合い

引越し挨拶は必要?中古マンションのご近所付き合い

中古マンション購入の段階まで来ると気になり始めるのが、マンション内でのご近所つきあい。特に初めてマンションに住む方は「引越し時のご挨拶はどうすればいいの?」「マンションの人間関係って面倒じゃないの?」といった、ご近所つきあいに関わる疑問をお持ちでしょう。
そこで今回は中古マンションならではの「人間関係」についてご紹介します。

中古マンションでの「ご近所つきあい」

多くの人々が同じ建物内に住むマンション。それゆえ「マンションの人間関係って、なんか大変そうだな・・・」とマンション購入に二の足を踏んでしまっている方もいるでしょう。

しかし結論から言ってしまえば、基本的なルールを守ればご近所関係を必要以上に気にすることはありません。
マンションでのご近所つきあいは「つかず離れず」が基本。マンション住民の多くは「一戸建てよりもご近所の関係は気楽でいい」と感じているようです。だた、そうは言っても良好なご近所関係を築き上げるにはそれなりの努力は必要です。

中古マンション住民は多種多彩

まず押さえておきたいのが「中古マンションの住民構成は多種多彩である」点です。新築当初から住む人、中古で買った人、賃貸で住む人など構成は幅広く、ライフスタイル・生活時間も異なる住民が集まっているのが一般的です。

例えば、朝の早い方には深夜の生活音が苦痛に感じられるように、生活時間・ライフスタイルが違えば「生活音」に対しての感じ方も異なってくることに注意しておきましょう。

「入居時の挨拶」はどうするの?

良好なご近所付き合いの第一歩は「入居時の挨拶」です。挨拶のタイミングは「入居前」がベストでしょう。特に購入と同時にリフォーム工事に入る際には、工事前の挨拶は必須と言えます。

挨拶先として挙げられるのは、生活音が響きやすい両隣と真上・真下のお部屋です。さらに管理人や管理組合の理事にも挨拶して良好な関係を築いておけば、いざという時に頼りになってくれるはずです。

またお子さんがいる場合や、購入時にリフォーム工事を行う場合には「ちょっと騒がしいかもしれません」という旨を伝えておくといいでしょう。

ご近所つきあいのルールとマナー

それほど人間関係にはうるさくないマンション内のコミュニティですが、それでも「挨拶」と「音漏れを防ぐ」という基本的なマナーは守りましょう。

日常的な挨拶は必ずしよう

基本中の基本ですが、他の住民と廊下やエレベーターで出会った場合には挨拶を必ずしましょう。「つかず離れず」が基本となるマンション内のご近所つきあいですが、日常的な挨拶は最低限のマナーです。
戸数の多い大規模マンションでは、顔を知らない住民とすれ違うことがよくあります。そのような時にも、知らない素振りを見せずに挨拶だけはしておきましょう。

生活音を出来るだけ抑える

一戸建てと比べて気密性・防音性の高いマンションですが、生活音を完全に押さえこむということはできません。少しでも音がご近所に伝わらないようにする配慮が必要です。深夜に洗濯機・掃除機を動かさない、テレビや音響器具の音量は必要以上に大きくしない、といった基本的なルールは最低限守りましょう。

特にお子さんがいる場合では、フローリングの上に防音効果の高いカーペットを敷くなど、周りに対する気遣いが必要です。
購入と同時にリフォームをご検討されているなら、遮音性の高いフローリングや防音パネルを導入するなど、防音性・遮音性を考慮に入れたほうがよいでしょう。

コミュニティの中心となる「管理組合」

マンション内コミュニティの中心的存在である「管理組合」。管理組合にはマンションを所有している「区分所有者」全員の参加が義務付けられているため、マンションを購入すれば自動的に組合員となります。
一般の組合員が参加する会合は「総会」と呼ばれています。管理組合総会では収支決算や事業報告などの報告と共に、修繕工事や建て替え工事といった物件に大きな影響を与える決議が行われます。

マンション管理の重要性は「管理の行き届いた中古マンションを選ぶには」でもご紹介しましたが、管理内容をチェックするには総会への参加は必須と言えます。

他に住民が顔合わせする場と言えば、管理組合主催の各種イベントです。中には夏祭りやクリスマスパーティーなど、季節に合わせた楽しいイベントを多数開催している管理組合もあり、住民間のコミュニケーションの場として活用されています。このほか住民による清掃活動や広報誌の発行などが行われることもあります。
管理組合は住民同士のコミュニケーションの場ともなる存在ですので、積極的に参加しましょう。

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定
無料

不動産を売るならまずは一括査定!
一度に複数の査定結果を比較できるので、より高く売れる可能性が高まります。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

オウチーノニュース編集部

マイホーム購入のダンドリ、不動産売却にかかる費用、賃貸物件の探し方など、住まいの基礎知識から契約、税金といった専門的な内容までわかりやすく解説。宅地建物取引士や司法書士、税理士、FPなどの不動産・お金の専門家が、監修・執筆した記事を配信しています。
コンテンツポリシー

この記事に関するキーワード

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定
無料

不動産を売るならまずは一括査定!
一度に複数の査定結果を比較できるので、より高く売れる可能性が高まります。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

不動産サービス