不動産デベロッパーとは?その意味、ゼネコンとの違いを解説

不動産デベロッパーとは?その意味、ゼネコンとの違いを解説

家の売却を考えて、この記事を読んでいる方は、不動産一括査定がおすすめです。下のフォームを入力すれば、 複数の会社の査定結果を比較 できるので、 高く・早く 売れる可能性が高まります。

  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

デベロッパーとは

デベロッパー(Developer)とは、マンションやビル、ときには街全体の不動産を開発する専門業者のことをいい、代表的な事業として以下の5つが挙げられます。

  1. 街の再開発事業
  2. リゾート開発
  3. 大型商業ビルの開発
  4. 大規模場な宅地造成(戸建て街の形成)
  5. マンション開発

デベロッパーの代表的な企業には、以下のようなものがあります。

  • メーカー系(トヨタホーム、旭化成ホームズなど)
  • 商社系(三菱、物産など)
  • 独立系(森ビル、イオンモールなど)
  • 財閥系(三井不動産、三菱地所、住友不動産など)
  • 私鉄系(東急不動産、京王不動産、小田急不動産など)
  • 金融系(野村不動産、ヒューリックなど)

ゼネコンとは

ゼネコン(General Contractor)とは、不動産建設の請負を主業とする会社のことをいいます。 ゼネコンの代表的な企業には、以下のようなものがあります。

  • スーパーゼネコン(大林組、大成建設、竹中工務店など)
  • 準大手〜中堅ゼネコン(三井住友建設、東急建設、熊谷組、奥村組など)
  • その他(ナカノフドー建設、福田組、大豊建設など)

ゼネコンは建設元請けの大手業者といった意味合いもあり、これに対して下請け業者である「サブコン」などがあります。

デベロッパーとゼネコンの違い

デベロッパーは不動産の開発業者のことをいい、ゼネコンは実際の工事をすべて請け負う専門業者のことをいいます。

つまり、デベロッパーは企画側であり、ゼネコンは工事着工側といえます。

そして不動産会社(宅建業者)は、デベロッパーとゼネコンの専門業者が完成させた物件を顧客に売り込む販売専門業者といえます。

私たちがおウチ探しなどでお世話になる不動産会社の主業は、宅地建物取引業である「自ら売買」「売買の代理・媒介」「貸借の代理・媒介」のみです。

そのため、アパート経営やマンション開発などの事業を行うことは、基本的にはありません。 よく不動産会社のことを「不動産屋」なんて表現をしますが、「不動産屋」は上記デベロッパーも含みます。 ですので、正しくは「不動産屋」ではなく「宅建業者」であることを認識しておくと良いでしょう。

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定
無料

不動産を売るならまずは一括査定!
一度に複数の査定結果を比較できるので、より高く売れる可能性が高まります。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

オウチーノニュース編集部

マイホーム購入のダンドリ、不動産売却にかかる費用、賃貸物件の探し方など、住まいの基礎知識から契約、税金といった専門的な内容までわかりやすく解説。宅地建物取引士やフィナンシャルプランナーなどの不動産・お金の専門家が、監修・執筆した記事を配信しています。
コンテンツポリシー

この記事に関するキーワード

関連記事

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定
無料

不動産を売るならまずは一括査定!
一度に複数の査定結果を比較できるので、より高く売れる可能性が高まります。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

不動産サービス