建築工事完了!竣工検査とは

竣工後の検査の流れを知ろう

竣工とは

竣工とは

竣工とは、建築工事が完了したことを意味します。
また同じような意味に「竣成(しゅんせい)」といったものがあります。

工事が完了した次には、確認の検査が行われます(竣工検査)。
竣工検査からその後の流れについて、確認してみましょう。

竣工検査後の流れ

竣工検査
工事施行者と工事の監理者である建築士による、最終チェックが入ります。

完了検査の立ち会い
竣工検査と同様、工事施行者・建築士と立ち会います。

完了検査の立ち会いが無事に終えたら(工事完了後)、4日以内に地方公共団体などに「完了検査申請書」を提出する必要があります。

しかしこの手続きについては、建築士が代行してくれます。完了検査にも立ち会います。

建主検査
工事施行者・建築士立ち会いのもと、建主(依頼者)による目視確認を行います。理想通りの設計となっているかを、今一度確認するわけですね。

もし、計画的に言っていない点があった場合には、その箇所を指摘してするようにしましょう。

引き渡し

  1. 不具合がないかを確認する
  2. 工事に不具合がないか、実際に立ち会って確認を行います。
    工事担当者や営業責任者とともに、不備がないかをチェックします。

    たとえば、床や壁などに傷や汚れはないか、建具の開け閉めはスムーズか、設備は正常に動くかといったことを、担当者に説明してもらいながら確認していきます。

    もし、この竣工検査後の立ち会いで不具合が見つかった場合には、引き渡しまでに修理してもらうか、入居後に修理するかを取り決めます。

    この場合の注意点としては、業者とその旨を約束する書類を控えることを忘れないようにしましょう。後々のトラブルを防止します。

  3. 保証書をもらう
  4. 立ち会いによる工事の修正などが済んだら、次は施行会社から以下のものを受け取りましょう。

  • 施行会社の押印のある「工事完了書」
  • 「鍵」と「保証書」
  • 「検査済証」(確認検査機関が発行)
  • 保証書には定期点検とアフターメンテナンスの内容や時期、設備などが故障した場合の連絡先などが書かれているので、大切に保管しておきましょう。

竣工図が提出される
追加工事なども含めた引き渡し時の図面を、建築士より渡される。

瑕疵検査の立ち会い
建主と工事施行者との間で、1年後に改めて竣工における瑕疵がないかを確認する約束をします。

工事施行は、施工主と建築士とのこまめな連携が重要です。
納得のいくよう、建築士を中心に相談を重ねていくのが良いでしょう。

オウチーノニュース編集部

この記事に関するキーワード

連載記事

カテゴリから記事を探す

不動産サービス