「2×4(ツーバイフォー)」って何?デメリットもあるって本当?

「2×4(ツーバイフォー)」って何?デメリットもあるって本当?

ツーバイフォーとは

ツーバイフォー(2×4)工法とは、木造の建築工法のことをいいます。
正式には「木造枠組壁工法」といい、ツーバイフォーはこのうちの1つの工法です。

2×4の意味ですが、これは「2インチ×4インチ」のことを指しています。
1インチあたり約2.54㎝なので、ツーバイフォーの角材は縦5.08センチメートル(2インチ)、横10.16㎝(4インチ)のサイズとなります。
ツーバイフォー(2×4)工法以外に、以下のような工法もあります。

  • ツーバイシックス(2×6)
  • ツーバイエイト(2×8)
  • ツーバイテン(2×10)

木造枠組壁工法とは

建物のことを、業界では「箱(ハコ)」とよんだりします。
木造枠組壁工法の説明は、普段使用する(分厚すぎない)段ボールを想像すると、わかりやすいかと思います。

木造枠組壁工法は6面で箱を作るイメージです。四方八方、面で囲んでいく感じですね。そして建物には窓も必要なので、面の一部をくり抜いたりして、窓を設けます。
この木造枠組壁工法とは対照的なものに、日本の伝統的な住宅工法である「木造軸組工法(在来工法)」が挙げられます。

ツーバイフォー工法などの木造枠組壁工法は、パーツを面で組み立てていくものでした。
一方、「木造軸組工法(在来工法)」は、柱・梁といった、いわば“線”で家を組み立ていく工法となります。

先述で木造組工法は、日本の伝統的住宅工法でもあると説明しました。築50年以上も昔からある民家の大半が、この木造組工法でできています。これらの建築物が、俗にいう「古民家」として広く世間に知られています。

ツーバイフォーのメリット

実はアメリカやカナダを中心に、世界的に普及しているこのツーバイフォー工法ですが、そのメリットとデメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。

耐震性・耐風性に優れている

「面」による工法から、「線」によって家を組み立てる在来工法よりも、外的要因は優れているといえます。

高断熱・高気密である

ツーバイフォーの特徴として、「耐火性能が施されている」ことが挙げられます。

工期が短い

ツーバイフォー工法は、建築前に材料を大量生産し、それを建築現場で組み立てる方式で工事施工するのが一般的です。そのため、通常よりも工期が短くなることが期待できます。

ツーバイフォーのデメリット

規格が統一されている

ツーバイフォー工法による材料は、建築前に大量生産しています。
また建物の構造上、「面」で組み立てているため、間取りを変更するといったことに対しては、柔軟性を欠きます。(壁を壊してリビングを広くする、などが難しい)つまり、リノベーション工事がしにくい、といったデメリットが考えられます。

カビやダニが発生しやすい

高気密・高断熱であるがゆえに、内外の温度差が大きくなるため、結露が生じやすくなります。
結果、カビやダニが発生しやすい環境となるので、結露対策が必要といえます。

まとめ

ハウスメーカーなんかがこのツーバイフォー工法をよく取り扱っています。大手で安定性があり、ブランド重視の方はこちらが良いかもしれません。

しかしリノベーションを考えているのであれば、自由度の高い木造組工法がお勧めです。こちらは工務店に依頼するのが良いでしょう。地域密着型なため、きめ細やかなデザインの相談にも応えてくれることが期待できます。理想とする住まいや現状の予算と相談して、ベストな選択をしましょう!

オウチーノニュース編集部

この記事に関するキーワード

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定

無料

不動産を売るならまずは一括査定!
一度に複数の査定結果を比較できるので、より高く売れる可能性が高まります。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

不動産サービス