3月入居のメリットとデメリットとは

3月入居のメリットとデメリットとは

毎年3月~4月は引っ越しシーズンといわれています。

全国の市役所ホームページの中に『3月下旬から4月上旬が1年を通じて最も混雑が予想されます。』という記載があるところも。また、一部の市区町村では年度末の最終日曜日や土曜日も開設して対応しているところもあるようです。

3月中に新天地に引っ越すのはどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。
新しい街で家購入の検討されている方は、引っ越しシーズンや入居可能日も視野に家探しをしておくとスムーズかもしれません。

3月に引っ越しが集中する原因

桜が咲いている桜の木

一般的に「そうだろうな・・・」と見当がつくと思いますが、大きくはこの2つかなと思います。

  • 社会人:4月から新年度が始まるため異動や研修に伴う家族の移動がある
  • 学生:4月から入学・新学期が始まるため学生の移動がある

全国共通の移動イベントですから、混雑が集中してしまいますね。
最近では、『秋入学』という学校に関するキーワードがメディア上で触れられるようになったので将来的には引っ越しのピークは分散する可能性もあります。

なぜ4月が新年度・新学期なの?

調べてみると、年度初めが4月なのは日本特有の慣習が理由だそうです。

年度とは・・・会計や事務その他の便宜のために区分した1年の期間のこと。その期間は暦年と同じく1月から始まる場合も,その他の月(例えば4月)から始まる場合もある。おもなものに会計年度,物資年度などがある。会計年度は予算年度ともいい,国家の予算・決算の収支の時間的計算単位である。日本の会計年度は財政法11条によって,4月1日に始まり翌年の3月31日で終わる1年として定められている(コトバンクより)

一方の新学期ですが、こちらは明治維新のころは西洋にならって9月入学だったそうです。
上記の『年度とは』で触れたように日本の政府が4~3月が年度始めになったことで、学校も足並みを合わせるキッカケにもなったようです。

つまり入学シーズンも日本特有の慣習になってしまったということですね。
ちなみに、4月1日生まれの児童生徒の学年は早生まれになるんですよ。

4月1日生まれの児童生徒の学年は、翌日の4月2日以降生まれの児童生徒の学年より一つ上、ということになり、一学年は4月2日生まれから翌年の4月1日生まれの児童生徒までで構成されることになります。(文部科学省:小・中学校への就学について)

3月下旬に入居するメリット

ここからは新しい街や新居に3月下旬に住むメリット・デメリットをいくつかご紹介します。

  • 異動や新人研修など勤め先の新年度にあわせて出社できる
  • 4月の入学(入園)式に出席できる
  • 子どもたちが春休み期間中で学校の行事がない
  • 賃貸の家賃支払いとローン(家賃)の支払いの2重家賃負担を軽減できる
  • 消費税増税など消費者負担になりそうな法改正が適用される前に購入できる
  • 生活家電のまとめ買いなど電化製品の品揃えが豊富になる
  • 春は冷暖房の必要性がなくエアコンの設置は落ち着いてから検討できる
  • 4月を新居で迎えるので気持ち的になんか嬉しい

3月下旬に入居するデメリット

  • 家を買いたいファミリーが多いため不動産契約するかしないか営業マンに選択を迫られる
  • 引っ越し費用が繁忙期でお見積もりが高い
  • 引っ越し業者の搬出・搬入の希望日時の予約がとりにくい。その日に搬入されないケースもある
  • 転入届、住所変更など役所が混んで待たされる

世界中で1つしかない家と出会う

建設中の新築マンション

子どもの卒業と入学にあわせて住みたい街で家を買いたい家族は多いようです。
しかし、子どもの成長にあわせて住みたい街に土地やマンションが建つのかどうか常に動向を追うのはなかなか難しいものです。

ただ、新築マンションであれば戸建てや中古よりもインターネットで収集が比較的容易です。
来年、再来年には小学校へあがるなどのライフプランがすでにみえているのであれば逆算して家探しを始めてみましょう。

仕事の都合ではなく、住みたい家の都合で子どもたちを転校させるのも勇気が必要です。保育園や幼稚園の途中であれば、まだ子どもたちの負担は少ないかもしれません。

とくにマンションは、部屋の階数や間取りで販売価格も異なってきます。3月入居に向けて多くのファミリーが物件探ししているので、抽選になる可能性も高くなります。
住みたい街に予算にあった物件が見つかったら決める!と家探しに終止符を打つ覚悟も必要です。

3月下旬に入居して、新年度・新学期を新しい街でスタートしてみませんか。

オウチーノニュース編集部

この記事に関するキーワード

連載記事

カテゴリから記事を探す

不動産サービス