リニューアルされたJR千葉駅周辺の、子どもと行けるお出かけスポット

リニューアルされたJR千葉駅周辺の、子どもと行けるお出かけスポット

千葉市の中心にあるJR千葉駅は、多くの人が利用するターミナル駅です。

連絡通路から「千葉都市モノレール」への乗り換えもスムーズにできます。

2017年には、JR千葉駅、エキナカと駅ビルのペリエ千葉がリニューアルされました。

今回は、地元のライターが、JR千葉駅から徒歩、バスやモノレールを利用して、子どもと一緒に行けるお出かけスポットをご紹介します。

おもいっきり遊べる!駅近のオアシス「千葉公園」

千葉公園は、四季折々の景色を楽しむことができる広大な総合公園です。

千葉駅周辺エリア1

千葉駅周辺エリア2

歩道は、ほぼ整備されているため、ベビーカーでも通ることができます。

小さな子どもたちが遊べる「遊具広場」には、すべり台付きの複合遊具、ブランコや砂場などがあり、親子でボール遊びをしたいときには、遊具広場の近くにある「運動広場」で遊ぶことができます。

全体的に見通しが良いので、子どもに目が届きやすいです。

ほかにも、親子連れが多く利用する「プール」や「貸しボート」など、いろいろと楽しめます。

子どもを広い場所で遊ばせるのには、ちょうど良い場所です。

<アクセス>

【住所】千葉市中央区弁天3-1-1

【電車】JR千葉駅から徒歩約10分、千葉都市モノレール「千葉公園駅」下車すぐ

【料金】入園料無料(一部有料施設あり)

親子でくつろぎながら読書を楽しめる「千葉市中央図書館」

千葉市中央図書館内は広くて解放感があり、大きな窓ガラスからは、やわらかい日差しが入ってきます。

千葉駅周辺エリア3

1階にある児童フロアは、さまざまなジャンルの児童書や絵本(外国語の絵本)などがあり、種類も充実しています。

また、フロアの奥には「おはなしのへや」があり、本の読み聞かせのイベントなどが行われています。

その近くに「紙芝居のブース」があり、読みたい紙芝居を持ってきて、ママやパパが読んで聞かせてあげることもできます。

授乳室もあるので、安心して利用できます。

<アクセス>

【住所】千葉市中央区弁天3-7-7

【電車】JR千葉駅から徒歩約15分

【休館日】月曜日(ただし祝日・振替休日の場合は翌日)など

子どもたちが楽しめる施設が集結「きぼーる(Qiball)」

千葉市のシンボルとなっている官民複合施設「きぼーる(Qiball)」には、「子ども交流館」「子育て支援館」「千葉市科学館」があります。

千葉駅周辺エリア4

①入館料無料の「子ども交流館」と「子育て支援館」

6階にあるのが「子育て支援館」で、乳幼児~就学前のお子さんが楽しく遊べる場所です。

大型ブロックなどの遊具があるプレイホールなどがあり、自由に遊ぶことができます。乳児室や授乳室、調乳室、もく浴室があるので、親子で安心して利用できます。

また、3階~5階にある「子ども交流館」は、18歳未満の子どもたちが遊べる場所です。

バスケットボールなどが楽しめるアリーナ、音楽スタジオ、滑り台などの大型遊具のあるプレイルーム、パソコン・図書コーナーなどがそろっています。

特に休日は、混雑することが多いです。講座やイベントが多いので、事前にチエックしておきましょう。

②子どもから大人まで科学を楽しく学べる「千葉市科学館」

きぼーるの7階~10階に「千葉市科学館」があります。子どもから、大人まで楽しめる参加体験型の科学館で、楽しく学ぶことができます。

また、千葉県最大のプラネタリウムでは、迫力ある映像と天文スタッフによる星空の案内を楽しめます。

土日・祝祭日などは、小さなお子さま向けのキッズアワーがありますので、スケジュール表を確認しておくと良いでしょう。

<アクセス>

【住所】千葉市中央区中央4-5-1 きぼーる

【電車】JR千葉駅より徒歩20分

【C-bus(巡回バス)】大人100円、子ども50円(1日フリー乗車券あり)

動物のふれあいからバーベキューまで、家族で楽しめる「千葉市動物公園」

千葉市動物公園では、話題となったレッサーパンダの風太くん、全く動かないハシビロコウ、千葉県ではここでしか見ることしかできないライオンなど、約132種の動物を飼育しています。

千葉駅周辺エリア5

千葉駅周辺エリア6

園内には、水遊び場や子ども動物園があり、さまざまな種類の動物たちを、身近で観察や触れ合うことができます。

また、西口ゲート近くにある「ふれあいの動物の里」では、バーベキュー場、ポニー乗馬や幼児向けの遊び場(砂場など)があるので、家族で1日中楽しめます。

<アクセス>

【住所】千葉市若葉区源町280番地

【電車】千葉都市モノレール「動物公園」下車すぐ

【休館日】毎週水曜日(休日にあたるときは翌日)など

絶景、潮干狩りやフライボードなどが楽しめる「千葉ポートタワー」&「千葉ポートパーク」

千葉港のシンボルとして建てられた「千葉ポートタワー」は、全長125mの展望施設です。

千葉駅周辺エリア7

1階には小さい子どもたちが遊べる場所と授乳室があり、4階は展望となっているので、富士山やスカイツリーなど、東京湾の美しい景色や夜景を一望できます。

タワーと隣接する広大な「千葉ポートパーク」では、バーベキュー場や水遊び場などがあり、子どもたちを広い場所で遊ばせるのには最高な場所です。

季節によっては、花見やビーチでの潮干狩り、水圧で空を飛ぶフライボードなどが楽しめます。

千葉駅周辺エリア8

<アクセス>

【住所】千葉市中央区中央港1丁目

【電車】千葉都市モノレール・JR京葉線「千葉みなと駅」から 徒歩約15分

【バス】JR千葉駅西口26番のりばより「千葉ポートタワー」行きで終点下車

【駐車場】無料(約240台収容)

子どもたちも楽しめる船の旅!「千葉港めぐり観光船」

千葉ポートタワー&パーク近くにあるのが、旅客船ターミナルと複合施設が1つになった建物「ケーズハーバー」です。この建物の前から観光船が出港します。

千葉駅周辺エリア9

「千葉港めぐり観光船」を楽しめるほか、幕張メッセ沖合遊覧コースや工場夜景クルーズなどもあります。

<アクセス>

【住所】千葉市中央区中央港1-20-1 ケーズハーバー

【電車】千葉都市モノレール・JR京葉線「千葉みなと駅」から 徒歩約10分

まとめ

いかがでしたか?

JR千葉駅から、いろんなスポットへ遊びに行けますね。

ちなみに、駅ビル5階にもベビールームや一息つける休憩場所「えきうえひろば」があるので、利用してみてくださいね。

ーーーーーーーーーーーー

【※千葉県エリアの公園や施設なら、こちらもチェック!】

海浜幕張駅(南口)
青葉の森公園
本千葉駅周辺
蘇我駅周辺
五井駅東口周辺
市原市

この記事に関するキーワード

連載記事

カテゴリから記事を探す

不動産サービス