実は4月からが部屋探しのチャンス?現役大家がこっそり語る家賃「値引き」交渉術

実は4月からが部屋探しのチャンス?現役大家がこっそり語る家賃「値引き」交渉術

引越しはしたいけれどもお金がないためにできない、そう考える人も多いでしょう。一般的に住む部屋を変える時には敷金、礼金、仲介手数料、前家賃、引っ越し業者代などを含めて家賃4~5ヶ月分は必要だと言われます。しかしそれだけのまとまったお金は手軽に用意できるものではありません。

そこでできるだけ、お金を節約して新しい部屋に住むにはどうしたらいいのか、お得に部屋を探すためにはどうするとよいのか、賃貸併用住宅とワンルームマンションを運営する現役大家の長嶋シゲルがお伝えします。

繁忙期を避ければ家賃交渉がしやすくなる

部屋探しの繁忙期は、年度の切り替わりの少し前、つまり2月から3月に集中します。その時期は不動産屋も引越し業界も大変に忙しい時期であり、値引き交渉をしようと思ってもまず相手にされません。

むしろ最近では引っ越し業者では年度の切り替わりの繁忙期に人手が足りずに、仕事をセーブせざるを得ない状況にもなっています。不動産オーナーもこの時期ならば確実に需要があるとわかっていますから、わざわざ値引きをせずとも入居者を集めることができるのです。

しかしその一方で、新年度が始まってしまえば一気に部屋探しの需要は落ち着きます。そこで空室があれば不動産会社や賃貸物件の大家は空室を積める手段を考えなくてはいけません。都心への通勤圏のターミナル駅などであれば一年通しての賃貸需要がありますが、大学生に入居者を依存しているような立地のアパートやマンションでは4月を逃してしまうと翌春まで人が入らないことも多いのです。

そういったエリアの物件であれば家賃交渉の狙い目です。各駅停車しか停まらない駅であったり、都心から距離がある場所でも良いのであれば、多少利便性の悪い駅の物件を探せば家賃交渉ができるでしょう。

家賃以外の諸費用の交渉が効果的

ただ直接家賃の値下げを行うと、毎月の収入が下がってしまうため家賃交渉には応じないという大家もいます。そこで狙いたいのが初期費用である敷金や礼金また仲介手数料などの値下げ交渉です。礼金は純粋に大家の収入となる費用のため、他に相談をせずとも大家が利益を削ってもいいというのであれば、比較的簡単に値引きしてもらいやすいです。

また仲介手数料は普通、入居者が不動産屋に対して支払う費用ですが、その負担を大家にお願いできないかという交渉をしてみましょう。

敷金は部屋の退去時に清掃などに使われる費用のため、節約は難しいですが、それでも初期費用を下げるために敷金2ヶ月を1ヶ月にするなどの交渉は可能です。

また敷金という支払いを無くし部屋の退去時に清掃費や修繕費など実費支払いに変えるという交渉も考えられます。

その他にもフリーレントを1ヶ月~2ヶ月付けてもらうタイプの交渉も可能です。前家賃を節約できますし、「最低でも1年は住みます」などの契約とセットにすれば大家も交渉に応じやすくなります。また一定のタイミングまで家賃の値引きをして、2年目から通常の家賃にするといった交渉も考えられます。  

自分が一定期間入居するという規約を盛り込めば大家にとっても確実に空室を埋めて収入が計算できるので交渉に応じてくれる可能性が高くなります。

※フリーレントとは、建物等の賃貸契約において、入居後一定期間賃料が「無料」になるシステムです。

引っ越し代やルームクリーニング代なども繁忙期を避ければ安くできる

また家賃だけではなく引っ越しにかかる費用といえば、引越し業者の作業費やルームクリーニング代などが挙げられます。

年度切り替えの繁忙期が終われば、ゴールデンウィーク明けから一気にこれらの需要も下がります。そのため人員を持て余したくない引っ越し業者や清掃業者なども価格交渉を受けてくれることも多いのです。

さらに作業を行うタイミングを週末ではなく平日、日中よりも早朝や夜間にすれば業者側が暇を持て余していることが多いので、繁忙期の半額程度で作業を依頼することも不可能ではありません。

まとめ

家賃交渉や引っ越し代を節約する方法としては、

  • 繁忙期を避ける
  • 一定期間の入居を保証して契約する
  • 週末や日中を避けて相手が暇そうな時期に頼む

ことがポイントです。これらのポイントを意識すれば転居の費用も、転居後の家賃も節約できるでしょう。

オウチーノニュース編集部

マイホーム購入のダンドリ、不動産売却にかかる費用、賃貸物件の探し方など、住まいの基礎知識から契約、税金といった専門的な内容までわかりやすく解説。宅地建物取引士や司法書士、税理士、FPなどの不動産・お金の専門家が、監修・執筆した記事を配信しています。
コンテンツポリシー

この記事に関するキーワード

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定
無料

不動産を売るならまずは一括査定!
一度に複数の査定結果を比較できるので、より高く売れる可能性が高まります。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

不動産サービス