お城が博物館!?JR本千葉駅周辺は子どもと行ける公園や施設がいっぱい!

お城が博物館!?JR本千葉駅周辺は子どもと行ける公園や施設がいっぱい!

ヨムーノ編集部です。

JR本千葉駅は、外房線と内房線の2路線が通っている駅。

JR本千葉駅の周辺には、「千葉県庁」「千葉県警察本部」「千葉市消防局」といった公共施設のほかに、「都川公園」「本千葉公園」「千葉県文化会館」「千葉県立中央図書館」「千葉城(千葉市立郷土博物館)」などの公園や施設があります。

そこで今回は、本千葉駅周辺の子どもと一緒に行ける公園や施設を、地元ライターがご紹介します。

街中のオアシス「都川(みやこがわ)公園」

千葉市消防局の脇から、千葉都市モノレールの「県庁前」駅まで広がっている公園が、「都川(みやこがわ)公園」です。

本千葉駅周辺1

千葉市消防局の隣側には、子どもたちが遊べる遊具があります。公園内には、ベンチや桜の木があり、知る人ぞ知る穴場の花見スポットとなっています。ちょっとした休憩をとる場合やピクニック気分を楽しむのにもおすすめ。

本千葉駅周辺2

また、近くに千葉都市モノレール「県庁前駅」があるので、走行するモノレールを見ることができます。

〇アクセス:
【住所】千葉市中央区長洲1丁目243-1
【電車】JR「本千葉」より徒歩3分、千葉都市モノレール「県庁前駅」よりすぐ
【設備】水道、トイレなし

長方形に“なが~い”「本千葉公園」

JR本千葉駅の東口を出て、千葉市消防局の前を通りすぎたところにあるのが「本千葉公園」です。ちょっとした、休憩場所や遊び場所として親しまれています。

本千葉駅周辺3

桜の木が植えてあり、春には花見を楽しむことが可能。公園の端には子どもの遊び場があり、滑り台やブランコなどが設置されています。

なお、子どもの遊び場のところだけ木々で生い茂ることがないように、配慮がなされています。

〇アクセス:
【住所】千葉県千葉市中央区長洲1丁目2-1
【電車】JR「本千葉」より徒歩約3分
【設備】水道あり

昔の雰囲気を残す!レトロな「千葉県立中央図書館」

千葉県文化会館(西口玄関側)近くにあるのが「千葉県立中央図書館」です。

本千葉駅周辺4

館内には「千葉県資料室」「新聞雑誌室」「一般資料室」があり、何万冊もの本が置かれています。

別の階には、「子育て支援コーナー」「児童資料室」があり、幼児から中高生までを対象した本(雑誌など)が、並んでいます。英語の絵本や雑誌、研究書など、本の種類や数も豊富です。

毎週土曜日には「おはなし会(※5歳~小学生が対象)」、奇数月の第2金曜日には「親子で楽しむえほんの会(※3~4歳の子どもと保護者が対象)」などが開催されています。

〇アクセス:
【住所】千葉県千葉市中央区市場町11-1
【開館時間】一般資料室など平日9:00~19:00(土日祝は17:00まで)児童資料室9:00~17:00(平日、土日祝とも)
【休館日】月曜日(祝日・休日にあたる場合は直後の平日)、年末年始ほか
【電車】JR本千葉駅東口から徒歩約10分、千葉都市モノレール「県庁前駅」より約7分
【駐車場】あり(31台、無料)※身体障害者専用1台、駐車場は狭い。
千葉県立中央図書館公式サイト

優良ホール100選に選ばれた「千葉県文化会館」

千葉県立中央図書館の近くにあるのが「千葉県文化会館」。館内には「大ホール」「小ホール」「練習室」「会議室」「レストラン」があります。

本千葉駅周5

日本音響家協会の「優良ホール100選」にも選ばれている、千葉を代表する文化会館で、著名人によるコンサートや演奏会、千葉・県民芸術祭、イベントなどに、幅広く利用されています。

子ども向けのイベントやアトラクションとして、「親子deオペラ鑑賞デビュー」「子ども創造体験教室」「初めての劇場体験ツアー」などがあります。

〇アクセス:
【住所】千葉市中央区市場町11番2号
【お問い合わせ先】043-222-0201(代)
【休館日】月曜日(祝日の場合は翌日)
【電車】JR本千葉駅 東口から徒歩約13分、千葉都市モノレール「県庁前駅」より約10分
【駐車場】あり(約100台、無料)
【備考】レストランあり(約130席)
千葉県文化会館公式サイト

小高い場所にある「千葉城(千葉市立郷土博物館)」

千葉城は、ソメイヨシノ約100本が咲く美しい風景や、四季折々の風景が楽しめるスポットです。

本千葉駅周辺6

千葉城の中には、「千葉市立郷土博物館」があります。

千葉市の礎を築き、源頼朝を助けて鎌倉幕府成立に貢献したのが「千葉常胤(つねたね)」

その千葉氏に関する常設展示や企画展示をはじめ、「鎧やむかしの着物の着用体験」「鎧づくり体験講座」「火縄銃演武」「ちょっとむかしの遊び体験」などのイベントを、この博物館では開催しています。

なお、5階には周囲の街並みを見ることのできる展望室があります。

〇アクセス:
【住所】千葉市中央区亥鼻1丁目6番1号
【開館時間】9:00~17:00(入館は16:30まで)※千葉市立郷土博物館
【休館日】月曜・祝日(月曜が祝日にあたる時は翌日も休館)、年末年始(12月29日から1月3日まで)
【入館料】無料
【電車】JR本千葉駅 東口から徒歩約20分、千葉モノレール「県庁前」下車、徒歩約15分
【駐車場】あり(25台、無料)
千葉市立郷土博物館公式サイト

日本庭園で癒される茶屋「いのはな亭」

千葉城の近くにあるのが、千葉名物の「いのはな団子」が販売されている、茶屋の「いのはな亭」です。

本千葉駅周辺7

いのはな亭の日本庭園の豊かな緑に包まれながら、あんみつ、磯部焼き、おにぎりセットやドリンクなどがいただけます。

また、茶屋以外に風景が美しい和室(6畳と8畳)水屋(有料)があり、ママ友の集まりや家族の会食、お教室などで利用できます。

〇アクセス:
【住所】千葉市中央区亥鼻1丁目6番
【茶店】10:00~16:30(冬期は16:00)
【和室貸出】9:00~17:00(要予約)
【休館日】年末年始定休
【備考】メニューなどは、変更になる場合があり。
いのはな亭公式サイト

緑に囲まれている猪鼻公園(お茶の水側、大和橋方面)

千葉城(千葉市立郷土博物館)周辺は「猪鼻公園」と呼ばれています。

本千葉駅周辺8

自然に囲まれていて、猪鼻城址の碑など、たくさんの石碑などがあります。

千葉城から、お茶の水側に降りていくと小さな公園があり、読書をしたり、休憩をとったりと、自由に過ごせます。 

〇アクセス:
【住所】千葉県千葉市中央区
【電車】JR本千葉駅東口から徒歩約25分
【設備】トイレなし、水道あり

複合施設で遊ぶ「千葉ポートスクエア」

JR本千葉駅(西口)からは、「千葉ポートスクエア」にも行けます。

本千葉駅周9

千葉ポートスクエアは、オフィス棟やホテル、体験型複合レジャー施設のポートタウン千葉ポートアリーナ(体育館)千葉ポートサークル(劇場)などが集まった複合施設

千葉ポートサークル(劇場)では、日本初のノンバーバル(言葉に頼らない)パフォーマンスの「ギア-GEAR-」などを公演。

また、ポートアリーナでは親子リトミック(※音楽教育法)教室小学生を対象にしたスポーツ教室女性限定のシェイプアップ教室(託児付/事前申込制)など、さまざまな教室が開催されています。

〇アクセス:
【住所】千葉県千葉市中央区問屋町1番35号
【開館時間・休館日】各施設による
【電車】JR本千葉駅西口から徒歩約30分、千葉駅西口から無料シャトルバスもあり
【駐車場】あり(1,100台、1時間まで無料)
千葉ポートスクエア公式サイト

このように、本千葉駅周辺には子どもと一緒に遊べる公園や、学べる施設スポットがたくさんあります。

休日に、一度行ってみてはいかがでしょう。

ーーーーーーーーーーーー

【※千葉県エリアの公園や施設なら、こちらもチェック!】

海浜幕張駅(南口)
青葉の森公園
蘇我駅周辺
千葉駅周辺
五井駅東口周辺
市原市

この記事に関するキーワード

連載記事

カテゴリから記事を探す

不動産サービス