南向き物件のメリット、デメリットを解説!

南向き物件のメリット、デメリットを解説!

「南に枕を向けるといい」「南向きの庭がいい」「南側が道路だといい」。物件選びの際に人気のある「南向き」ですが、実際のところ、何がそんなにいいのでしょうか。実際に使われている事例から、メリットデメリットを解説していきます。

メリットいっぱい!南向き

「家やマンションの部屋は、南向きがいいらしい」。はっきりとした理由はわからないまま、そう思いこんでいる人が多いのではないでしょうか。「南向き信仰」なる言葉まであるほどです。

実際に南向きの部屋には、多くのメリットが存在します。まず、日当たりがよくなるということ。なぜ日当たりがよくなるかというと、北半球である日本では、時間帯による違いはあるものの、日光が南から指すためです。

南向きの窓を設ければ、一年中光が指しこむ明るい部屋になるのです。夏は太陽の位置が高いので、それほど直射日光は入りませんが、冬になると太陽の位置が低くなるため温かい陽光を取り入れやすくなります。

ベランダや物干し場を設ければ、洗濯物も乾きやすくなります。昼間の照明や暖房にかかる光熱費が節約できるという点も、メリットといえるでしょう。家の中で長時間過ごす人がいる場合は、南向きの部屋や家がおすすめです。

知っておきたい南向きのデメリット

南向きにはメリットばかりなのかというと、そうとも限りません。日当たりがよいということは、夏の暑さも厳しくなるということです。

冬の暖房費が節約できても、夏の冷房費が高くなってしまうと、あまり意味がありません。快適性を確保するなら、やはり断熱性能をしっかりと確保することが大切です。直射日光でフローリングや家具などが傷みやすいという問題もあります。

勉強や仕事をする場合、明るすぎたり反射光で目に負担がかかったりすることがあるので、北向きの部屋がよいでしょう。また、人気があるため比較的高額になるということです。選ぶときはメリットとデメリットを検証し、本当に南向きが自分に適しているのか考えて決断しましょう。

南向きの間取りの注意点

南向きの土地で家を建てる場合、玄関を南に配置することになります。しかも南北に長い土地だと、外構工事で駐車場を家の前に設置することになり、日当たりのよいスペースはあまり確保できません。

近年では土間収納などの玄関収納を充実させた家が多くなっていますが、それらを設置するとさらに南側のスペースが圧迫されることになります。東西に長い土地で南向きであれば、この問題は解消されます。

ただし、日当たりのよい南向きの窓が道路に面してしまうので、人目が気になってあまりカーテンが開けられなくなるかもしれません。北向きの土地は嫌われがちですが、南側に庭を設けてリビングを南向きにすることで、プライベート空間が生まれます。カーテンも開けやすくなるので、北向きの土地をあえて探す人も少なくありません。「何となく」というイメージに流されず、実際の暮らし方に合った家を手に入れましょう。

あわせて読みたい