家の魅力を引き立てる?エクステリアの基礎知識まとめました

家の魅力を引き立てる?エクステリアの基礎知識まとめました

エクステリアとは

本来、エクステリアとは「家の外壁、外観」を意味しますが、塀、門、庭などの構造物、庭石、ウッドデッキ、植栽といった設備など、建物外部の空間や環境、すべての要素を演出するもののことをいいます。

一方、外構と似て非なるものに「外構」とよばれるものがあります。
外構とは、建物外部の構造物そのもののことをいいます。たとえば、塀や門、庭、植栽、アプローチ、車庫などがこれにあたります。

エクステリアの費用相場と3つのデザイン

建物本体の魅力を引き立たせるには、エクステリアの充実が欠かせません。
気になるエクステリアの工事、リフォームにかかる費用は以下のとおりです。

ウッドデッキ
50~100万円程度15~30万円程度40~50万円程度
庭・ガーデン玄関アプローチ植栽
10~100万円程度30~60万円程度10~20万円程度

さらに、エクステリアを充実させるには、デザイン性も非常に重要です。
ここでは、代表的な3つのデザインを取り上げます。

オープンデザイン

フェンスで建物を囲まず、門柱のみで外構を表現するデザイン。
開放感があり、余裕のある空間を演出します。窮屈な住宅街などで用いられることが多いため、防犯性やプライバシーの確保には配慮が必要です。

クローズデザイン

門扉や塀、生垣などによって敷地を取り囲むことで、プライバシーの確保を考慮したデザインが特徴的です。

セミオープンデザイン/セミクローズデザイン

オープンデザインとクローズデザイン、その両方の特徴を盛り込んだデザイン。なかでも、「駐車スペースなどの一部をオープンにし、他の部分はクローズにする」といった組み合わせが人気です。
それぞれの費用相場は以下のとおりです。

オープンデザインクローズデザインセミオープンデザイン
50~100万円程度150~300万円程度80~150万円程度

ほかに、建物本体が隠れぬよう、敷地を囲む塀や生垣の高さを若干低く調整したりするケースも人気があります。

エクステリア計画の手順

理想のライフスタイルや趣味を演出するためにも、エクステリアの計画性は非常に重要といえます。エクステリア計画には、以下の3ステップがあります。

ステップ1:ゾーニングを考える

手始めに、まず敷地内に何をどう配置するのかを考えます。ゾーン分けにはいくつかの方法がありますが、ここでは一般的な分け方をご紹介します。

ファサードゾーンプライベートゾーンヤードゾーン
門まわりを中心とした、住まいの正面のことテラスや中庭など、家族同士の空間を演出する車庫や物置などを設置する空間のこと

これらの分類は固定的なものではなく、物件の状態によって異なってきます。ヤードゾーンに位置する車庫が、玄関付近のファサードゾーンに位置することも珍しくありません。専門業者と確認をとりながら、ゾーニングを進めましょう。

ステップ2:ライフイメージをまとめる

「日本庭園のような豪華な庭をつくって、情緒ある静かな空間を楽しみたい」など、イメージを固める必要があります。
その場合、ご自身だけではなく、家族全員でイメージを固めるのが望ましいといえます。
また専門業者にイメージを伝えやすくするために、イメージに近い図や写真を用意することもオススメです。

ステップ3:ライフステージの変化を考慮する

これから先、家族がどのように変化していくのかを考えることも重要です。
「ペットと子どもが遊べる安全なスペースが欲しい」なら、そのスペースと柵が必要になりますし、「今はまだ子どもは小さいけれど、将来車を購入する」ことが予想される場合は、花壇を駐車場にするのもひとつの手です。

このように現在の暮らしにとどまらず、将来のライフスタイルも考慮したうえで、エクステリアを計画することが望ましいでしょう。

オウチーノニュース編集部

この記事に関するキーワード

連載記事

カテゴリから記事を探す

不動産サービス