中古マンションの買い時な築年数は?

中古マンションの買い時な築年数は?

家の売却を考えて、この記事を読んでいる方は、不動産一括査定がおすすめです。下のフォームを入力すれば、 複数の会社の査定結果を比較 できるので、 高く・早く 売れる可能性が高まります。

  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

中古マンションの価格を左右する要素の1つが、築年数です。築浅物件は綺麗で魅力的ですが価格が高く、かつ資産価値の下落幅も大きくなります。しかし、築年数が高すぎるのも不安ですよね……。一体どの築年数が買い時なのでしょうか。

中古マンションは築20年~30年がおすすめ!

中古マンション マンションを買う時に重視すべきなのが、築年数と価格のバランスです。
中古マンションを買うなら、買い時は築20年から30年。その理由は、マンションの価格推移にあります。
中古マンションは完成後、1年経つごとに価格が下がり続け、10年を過ぎると半額近くにまで落ち込みます。それ以降は価格の低下はゆるやかになり、だいたい築20年以降になると下落が止まります。つまり、マンション価格が底値になるタイミングが、築20年前後というわけです。

しかし築年数が40年以上のものになると、今度は耐久性の不安が出てきます。
建物の耐久性を判断するうえで1つの指標となるのが「耐震基準」です。耐震基準とは、建築物が最低限度の耐震能力を持っていることを保証し、建築を許可する基準です。
耐震基準は1981年(昭和56年)に大きく改正され「新耐震基準」となりました。新耐震基準に準拠した建物は、震度6~7で倒壊しない程度の耐久度が基準となっています。
中古マンションを選ぶうえで、この新耐震基準を満たしているかが、建物の安全性を図るうえでの1つの基準になります。

改正されたのが1981年とはいえ、マンションは建設が始まってから完成するのに年月がかかりますので、1981年に完成したマンションがすべて新耐震基準を満たしているわけではありません。1983年以降に完成したマンションはほぼ満たしていると言えそうですが、購入する際は必ず確認するようにしましょう。

築20~30年マンションの寿命は?

中古マンション いくら安く買えたとしても、すぐに建物の寿命が来て住めなくなれば、結局は損をしてしまいます。そうならないために、購入時にマンションの寿命を考慮しましょう。
日本ではよく建物の価値は20年で0になると言われますが、住めなくなるわけではありません。実際は、コンクリートの寿命から見れば50年とも言われます。
単純計算で、購入してから20年~30年間住むことができますが、もちろん例外もあります。建物としてはまだまだ使えても、設備や立地などの要因で寿命が来るかなり前に立て直すという選択をするマンションもあるためです。

マンションをはじめ、建物を長く使うようになってきたのは、リノベーションのブームも1つの要因でしょう。実際、マンションの寿命は個々で違いがありますが、その差が出るのはメンテナンスにあります。共用部分も含めきちんとメンテナンスを行い、修繕計画がきちんとしているマンションは寿命が長くなり、50年より長く使える物件もあります。

築20~30年マンションを購入するときの注意点

中古マンション マンションの寿命を左右するメンテナンスは、価格や設備と同じくらい重要なチェックポイントです。大規模修繕や建て替えがいつ行われ、どのようなメンテナンスがされてきたのかを確認しましょう。
また、管理状況や修繕積立金もチェックしましょう。中古マンションは過去のメンテナンスがマンションの寿命に影響を与えます。いくら安くてお得と感じた物件でも、メンテナンスが悪ければ住む期間も短くなり、かえって損をしかねません。
マンションごとの事情も変わってくるので、目当ての物件は現地でしっかり確認しましょう。

中古マンションを購入する際、「築年数が浅い方が新しいから良い」「築年数が古いけど安いからお得」と単純に考えるのは危険です。建物の価値が今後どうなるのか、新耐震基準を満たしているのか、きちんとメンテナンスをされてきたのか、など様々な角度から建物をチェックするようにしましょう。

記事のおさらい!よくある質問

築20年が買い時というのは本当ですか?

築20年から30年の中古マンションが狙い目という考え方は確かにあります。マンションの価格は築年数が経つほど安くなるのが一般的ですが、下げ止まりの目安が築20年から30年になる物件が多いからです。
詳しくは、中古マンションは築20年~30年がおすすめ!をご確認ください。

中古マンションの寿命を教えてください。

マンションのの耐用年数は47年というのが一般的な指標ですが、47年を過ぎたら使えなくなるということではありません。日々のメンテナンスや大規模修繕などを正しく行うことで寿命は延びます。
詳しくは、築20~30年マンションの寿命は?をご確認ください。

築20年から30年のマンションの注意点は?

部屋だけの値段でお手頃と決めるのではなく、共用部分も観ることが中古マンションの購入では重要です。築20年、30年であれば大規模修繕の実績があるマンションも多いので、その内容も確認しておくとよいでしょう。
詳しくは、築20~30年マンションを購入するときの注意点をご確認ください。

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定

無料

不動産を売るならまずは一括査定!
一度に複数の査定結果を比較できるので、より高く売れる可能性が高まります。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

オウチーノニュース編集部

この記事に関するキーワード

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定

無料

不動産を売るならまずは一括査定!
一度に複数の査定結果を比較できるので、より高く売れる可能性が高まります。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

不動産サービス