住宅購入の際に知っておきたい「坪単価」

住宅購入の際に知っておきたい「坪単価」

マイホーム購入の際に、よく表記されているのが坪単価です。坪単価を聞いて「高そうだな」あるいは「安そうだな」と思う事もあるでしょう。坪単価の本当の意味を知っていますか?坪単価の本当の意味を頭にいれて、賢い住宅購入をしたいものですね。

坪単価とは

一坪とは、およそ3.3平方メートルの広さを指します。坪単価とは、一坪あたりの本体価格の建築費を意味します。たとえば広さ50坪の家の本体価格が3000万円とすると、坪単価60万円という事になります。ただし、この広さ50坪は敷地面積ではありません。

坪単価の計算方法について説明します。一般的に坪単価は、施工費を延床面積で割ったものを指します。延床面積は、建物の各階の床面積を合計した面積のことをいいます。玄関ポーチや、ウッドデッキ、吹き抜け、バルコニー等は含まれません。しかし施工業者によっては、算出に延床面積ではなく、バルコニー等も含めた施工床面積を使う会社もあります。

同じ住宅であっても施工床面積で計算した方が、坪単価は安くなります。また、施工床面積をどこまでとするかという基準も、会社によって多少の差があります。従って坪単価を見る場合は、基準を延床面積としているのか、施工床面積としているのかを確認する必要があります。

住宅購入検討時に「坪単価」を役立てよう

坪単価の計算方法は、会社によって違いがあり、これだけで割安か否かを見分ける事は困難です。しかし同じ会社の坪単価を見れば、およそのグレードの見当がつきます。

たとえば坪単価が30万~50万はローコスト、51万~65万は木造、66万以上は鉄骨という具合です。注意したい点は、同じ仕様でも一般に延床面積の少ない小さな住宅ほど単価は上がるという事です。人件費や、運搬費、またトイレやキッチン等の必須のコストは変わらないためです。

土地代の高い都市部では、必然的に小さな家を購入する場合が多く、単価も高くなります。また、延床面積が同じでも単純な長方形の住宅と、でこぼことした形の住宅では単価が変わります。でこぼこしているぶん、壁が増えたり手間が多くかかる為、高くなります。最後に、坪単価による建築費はあくまで本体工事費である事も理解しておきましょう。一般に3割程度は諸経費がかかると考えて選びましょう。

オウチーノニュース編集部

この記事に関するキーワード

連載記事

カテゴリから記事を探す

不動産サービス