築30年以上たったマンションはどこまで住めるの?

築30年以上たったマンションはどこまで住めるの?

築年数の古いマンションというのは、とりわけ地震の多い日本だからこそ、その耐久性に不安を持ってしまいがちです。実際のところ、築30年以上経っているマンションは問題なく住めるのでしょうか。

マンションの寿命はどのくらい?

かつての新築マンション建設ラッシュのころに建てられたマンションが、今でも売りに出されていたり、賃貸物件として貸し出されていたりします。築30年以上経っているマンションもよく見られますが、地震の多い国だからこそ、建物の耐久性が気になるところです。

確かに、一般的な住宅の寿命はおよそ30年と言われており、築30年以上経っている住宅に不安を抱くのも仕方ないところがあるかもしれません。しかし、その30年という寿命は、単純に建物が造られてから取り壊されるまでの平均的な年数であり、住宅の耐久性や寿命を端的に表した数値だとは必ずしも言えません。それらは寿命によって取り壊されたわけではないかもしれないからです。

そして、現実的なマンションの寿命というのは意外と長く、鉄筋コンクリート造りの建物であれば、60年ほどの寿命があると言われているのです。

マンションの寿命を延ばすには?

マンションの寿命はおよそ60年ほどと言いましたが、しかし実のところその寿命はさらに伸びていくだろうと予想されています。というのも、リフォームやリノベーションによって、マンションの構造が造り変えられたり、根本から新しい素材や建材に生まれ変わったりすることが一般的になってきているからです。

たとえば、マンションに使われているコンクリートの寿命は、一昔前まではおよそ60年と言われていましたが、2000年代に入ると、100年コンクリートと呼ばれるものが開発され、コンクリートの耐久性が強くなっているのです。中には200年の耐久性を備えたコンクリートも生まれてきており、今後もマンションの寿命はますます延びていくでしょう。したがって築30年というマンションであっても、リノベーションやリフォームを経た物件はたくさんありますから、寿命的には何ら問題ない建物がほとんどなのです。

中古マンションをリフォーム、リノベーションしませんか?

コンクリートの耐久性が強い中古マンションをリノベーションすることで、まるで新築のようなお部屋にすることも可能です。
オウチーノでは、「匿名」「無料」でリフォーム会社に相談・見積もりすることが可能。
リフォームしたい物件情報(簡単な概要)とリフォーム希望箇所、予算などの条件、メールアドレスだけで、厳しい選定基準をクリアした優良リフォーム会社を最大9社ご紹介いたします。
匿名だから、リフォーム会社からしつこい営業や勧誘もございません。
複数の会社からメールで届く費用や提案を比較し、ご希望に沿ったリノベーションを行うことが可能です。 →匿名、無料で今すぐ相談・見積もりをする

オウチーノニュース編集部

この記事に関するキーワード

連載記事

カテゴリから記事を探す

不動産サービス