マンションの固定資産税について、徹底解説!

マンションの固定資産税について、徹底解説!

マンションを購入すると、購入費用と経費のほかに毎年「固定資産税」がかかります。固定資産税は、マンションを「資産」として所有している限り、納め続けなければならない税金です。

一戸建てにも固定資産税はかかりますが、マンションの場合は土地部分と建物部分それぞれにかかり、建物への課税額が高くなりがちで、特に新築マンションの場合は一戸建てより高くなると言われます。アタマの痛い「コスト」ではありますが、どのようなものなのか一緒に見てみましょう。

固定資産税=不動産の所有者に対して自治体が課す税金

マンションは、新築であっても中古であっても、一戸建てと同じ「不動産」です。物件の購入費用のほかに、購入にかかる手続きのための経費や、住宅ローンを借りる場合は返済に伴う金利負担などが発生します。

固定資産税は、毎年1月1日の時点で固定資産課税台帳に所有者として登録されているかどうかで判断されます。たとえば1月2日に購入した場合は、その年は納税対象になりません。固定資産税の課税は、それぞれの自治体が行います。そのため、税率は自治体によって異なります。全国共通で「標準税率」は1.4%と決められていますが、自治体によっては引き上げられることもあります。

税額は、この「標準税率」に「固定資産税評価額」をかけて算出されます。「固定資産税評価額」とは、固定資産課税台帳に録された不動産の価格です。「固定資産税評価額」は、国土交通省が年に1回定める「地価公示価格」の70%を目処に計算されます。地価公示価格は、その土地の売買取引において適正とされる価格で、実際の購入価格とは異なります。

マンション購入にかかる費用=物件価格+固定資産税+α

「固定資産税評価額」は、マンションの場合、土地部分と建物部分に分かれます。土地部分と建物部分の「評価額」×標準税額(1.4%)に、持分に応じた共用施設部分の課税額が、固定資産税の総額になります。

新築の場合は「新築住宅に係る固定資産税の減免措置」が適用され、購入後5年間は固定資産税額が半額になります。中古マンションにはこの減免措置はありません。ただし、固定資産税は築年数が経過すると建物自体の資産価値が下がって税額が減るため、中古マンションは税額そのものが安くなります。

新築・中古どちらを購入しても、マンションの購入には、物件価格の他に、以下の費用がかかることを踏まえて資金を用意しておかなければなりません。


・購入契約時の諸費用(不動産取得税、登録免許税、消費税、印紙税、場合により贈与税、他)
・住宅ローン返済(毎月)
・管理費(毎月)
・修繕積立金(毎月)
・駐車場使用料(毎月)
・固定資産税(年1回、地価公示価格の70%×1.4%)

都市計画法による市街化区域内に物件があれば、固定資産税と合わせて「都市計画税(固定資産税評価額×0.3%)」も納める必要があります。マンションの購入においては、固定資産税をはじめとした「コスト」込みで支払い計画などを立てるようにしましょう。

あわせて読みたい