モデルルームを見学して話題のマンション最新設備をチェック!

モデルルームを見学して話題のマンション最新設備をチェック!

マンション購入を考える時、行動にうつす第一歩がモデルルーム見学ではないでしょうか。美しく整えられた部屋に入るとワクワクしますが、その中でも、新築マンションならではの最新設備を実際に見ることができるのは楽しいものです。実際の暮らしの生活動線を想定しながらポイントを押さえて無駄なく見学したいですね。

手持ちの家具や家電は使える?周辺環境は?

近年、モデルルームは、単なる部屋の見本というよりも、そのマンションの魅力を視覚的に伝える場である「マンションギャラリー」と呼ばれることが増えています。ギャラリーという名のとおり、最新施設・設備などをその場で見たり触ることができるので、購入の際は必ず見学しておきたいものです。

最新設備の中でも特に人気が高いのは主に水回りの設備です。最近では標準装備として人気の高い「ディスポーザー」や「浄水器一体型混合水栓」、「IHクッキングヒーター」「ガラストップコンロ」などのキッチンに設置するもの、そして、「ハンドシャワー」や「ミストサウナ付き浴室換気乾燥機」などの洗面・浴室設備などです。

その他、家計にも身体にもやさしいと言われている「温水式床暖房」や「24時間小風量換気システム」「二重ガラス」など、年間を通じて快適な生活を追求するものから、バルコニーに設置する「水栓スロップシンク」のように、「あれば便利だな」という設備まで、さまざまなものがあります。これらの設備は何年も改良を重ねているため、現代のマンション事情に合った仕様になっているのも魅力なのです。

自分のライフスタイルに合った設備ですか?

モデルルームに入って、すぐに目につくのがガラスケースに入った精巧な模型。これを見て、出入口が面する道路や建物の向き、駐車場の場所や台数、広場の有無など、マンション全体の概要や、ごみ捨て場や非常階段の位置など外回りの設備をチェックしましょう。

次に細かな屋外の施設ですが、「宅配ボックス」や「防犯カメラ」、「録画機能履歴付きオートロック」などのセキュリティに関わるものは、女性のいる世帯なら特に気になるところです。また、「24時間換気や脱臭機能をもったゴミ捨て場」の設置や利用時間、集会所や公園、防災設備、管理人の有無、近所付き合いに関わる共有施設などは、単身世帯か子ども連れ世帯、高齢者世帯などの家族構成によっても必要な設備が変わってきます。

またそれぞれの設備についてのメンテナンスや管理責任は誰になるのかについても気になるところです。マンション購入の際には設備にも注目し、ご自分のライフスタイルに合っているかどうかも基準にして、検討されることをおすすめします。

あわせて読みたい