実際のところ「デザイナーズマンション」ってどうなの?

実際のところ「デザイナーズマンション」ってどうなの?

デザイナーズマンションとは、建築家やデザイナーが主導したコンセプトに基づいて建築された、こだわりのマンションのこと。「デザイナーズマンション」という言葉の持つなんとなくおしゃれな響きに、憧れを持つ人も多いのではないでしょうか。
通常のマンションとは違う独自のメリットやデメリットがあるこの物件の、実際の住みやすさなどを検証してみましょう。

デザイナーズマンションの特徴とメリット デザイナーズマンションが注目されはじめた当初は、賃貸物件がメインでした。しかし現在では、分譲物件の中にもデザイナーズマンションが登場しています。建築家の個性を反映したつくりになっているため、「ひと味違う家に住みたい!」という希望を持つ人には最適な選択肢といえます。

最大のメリットは、なんといってもデザイン性の高さ。建物自体の外観も、それぞれの部屋の内観もおしゃれで特徴的なので、友人を招きたくなる自慢の家になるのではないでしょうか。

また機能面でも特徴がある物件が多く、通常のマンションではフロアを個室に区切って家族それぞれの部屋をつくっているのに対し、個室をなくして1つの大空間をつくり、開放的な間取りに仕上げているものなどがあります。その場合1つの空間の中で生活に必要な機能を満たすための工夫が凝らされていますが、平面で間取りを見ただけではそのこだわりが伝わりません。

デザイナーズマンションを選ぶ際は、まず現地に足を運び、物件を目で見て確かめることが必要です。また、通常のマンションでは同じ建物の中で間取りやデザインは大きく変わりませんが、部屋ごとに個性的なデザインや間取りに仕上げてある建物もあります。同じ建物内で部屋を比べられるのも、デザイナーズマンションならではの楽しみといえます。

デメリットも忘れずにチェック

おしゃれで個性的なデザインが魅力のデザイナーズマンションですが、実際に入居を決める前には必ずデメリットについてもチェックしましょう。

まず、一般的なマンションが「平均的に誰もが住みやすい家」になっているのに対し、デザイナーズマンションは一戸一戸が全く違うつくり。お風呂とトイレが一室になっていたり、キッチンが狭かったりといったケースもあるため、ニーズに合えば「こんなの欲しかった!」という人もいますし、中には「使い勝手が悪い」と感じる人も出てきます。また、入居当時は夫婦2人で暮らしやすかったとしても、子どもが生まれると「住みにくい」と感じる場面が出てくる可能性も。

ただ、居住性に特化したデザイナーズマンションもあるので、一概に「デザイナーズマンションは使いにくい」というわけではありません。
またデザインを重視して窓などの部品に特殊なものを使っている場合があり、汎用部品が使えない分修繕費が高くなる傾向があります。デザインを重視する分、耐久性が劣る場合(例:コンクリート打ちっぱなしの壁が、塗装で保護されていないため直射日光で痛みやすいなど)もあるので、メンテナンスや修繕の手間を考慮しておきましょう。

一般の物件に比べ、デザインなどによる付加価値がつくため、家賃や購入の際の価格がちょっと高めに設定されています。メリットによる満足度とデメリットをきちんと見極め、納得のいく物件を選びましょう。

オウチーノニュース編集部

この記事に関するキーワード

連載記事

カテゴリから記事を探す

不動産サービス