治安・交通状況・通学時間「学区で住まい探し」の3つのポイント

治安・交通状況・通学時間「学区で住まい探し」の3つのポイント

子どものいる家庭の場合、「家探しは子どもの学校に合わせて決める」という方も少なくありません。特定の学校への通学を前提に家を選ぶとき、どのような点に注意して物件を探していくのが良いのでしょうか?オウチーノ編集部がポイントをまとめてみました。

子どもの学校に合わせた物件探し3つのポイント

1.治安
ポイント:学区内の地域ごとの特性と治安の状態

同じ学区内でも、周辺の立地環境や土地の歴史によって地域ごとの雰囲気も大きく変わります。事件の発生件数等の治安の良し悪しも違いが出るので注意が必要です。

2.交通状況
ポイント:通学路にある施設等と通学路の安全性

子どもが毎日通る道だから、いろんな視点で安全性を確認したいところ。途中にある商店や空地等施設にも余計な誘惑や危険がないかチェックが必要です。

3.通学時間
ポイント:通学距離/時間によって危険性も変わる

あまりに長い時間がかかるのは考えもの、それだけ危険も多くなります。お稽古や勉強など時間を有効に使うためにも、適切な距離で住まいを探しましょう。

3つのポイントを手間と時間をかけずに見極めるには?

上の3つのポイントが分かっていても、たくさんある物件のひとつひとつを一人で調べるのは大変です。地元情報に強い不動産会社に物件探しを協力してもらえれば、手間・時間の問題も解決するうえ、物件探しの経験値が高いプロの目線からのアドバイスも参考にすることができます。

地元情報に強い不動産会社と一緒に物件探し!

1.気になる「治安」の情報

地元に強い不動産会社なら、治安に関してもエリアごとの傾向や過去の出来事の情報を知っている場合が多いです。地域ごとの治安や雰囲気もその土地の歴史や環境を踏まえて詳しい話ができるから安心です。

2.地元の強み”道”情報

地元の道なら、脇道・細い道や交通量、事故の多いポイントなどにも精通しているから通学路ごとの安全性も知っています。周辺施設にも詳しいから、どのルートに何の施設や空地・商店があるか現地を回らなくても話ができます。

3.通学時間

土地勘がある不動産会社なら、車、電車での移動時間だけでなく、歩いた時の最短ルートやおおよその所要時間等のアドバイスを聞くことができます。

子どもが小さいうちは、急な怪我や病気に対応できる病院などの施設が近隣にあるかどうか、などの情報も気になるところです。「地元情報に強い不動産会社」なら、病院などの施設についても、「実際に利用した経験」や「地元の口コミ情報」などの生の情報がもらえることもあります。「地元に強い不動産会社」を活用して、子どもが通学しやすい物件を見つけましょう。

あわせて読みたい