二世帯住宅のメリット・デメリット、間取りの考え方は

二世帯住宅のメリット・デメリット、間取りの考え方は

結婚するとき、同居になるのか別居になるのかを大きな問題としている人も多いでしょう。二世帯住宅にすれば、「同居しつつ別居する」というライフスタイルとなり、同居のハードルもずっと下がります。ここでは、二世帯住宅にすると、どんなメリットがあるのかをお話しします。

二世帯住宅にはこんなにメリットがいっぱい

二世帯住宅の一番のメリットは、金銭的な節約ができること。少ない資金で家を建てられる上、光熱費も一世帯で生活するよりも少なくなり、エコにもつながると言われています。今年から相続税の制度が変更になりましたが、二世帯住宅だとその相続税も安くなる可能性が高いそうです。

また、ワーキングマザーにも二世帯は便利です。「孫育て」という言葉も生まれるくらい、仕事で忙しい親に変わって孫の面倒を見る祖父母が増えており、保育園の送迎はもとより、小学校の授業参観や旗振りなどのPTA行事にも祖父母が参加することが、珍しくなってきました。一つ屋根の下に住んでいるため、この「孫育て」をお願いしやすくなります。実家に預けて、迎えに行って、また預けて…というサイクルを繰り返さなくてもよくなります。

逆に祖父母の介護が必要になった場合、生活空間が別れているためヘルパーなどの外部からのサービスも気兼ねなく受け入れることが可能で、在宅介護への移行がスムーズにできます。また、卒中や心筋梗塞などの不測の事態にも対応しやすくなり、孤独死などを防ぐこともできます。

二世帯住宅のトラブルを防ぐには

トラブルといえば、嫁姑の確執をまず思い浮かべる人も多いでしょう。実際に二世帯住宅で義両親と生活をしている筆者の経験から言うと。「お互いにちょっとずつ遠慮する」気持ちがあれば、あまりトラブルは起こりません。掃除はお互いの生活空間を行い、庭は庭いじりの好きな姑に任せ、飼い猫の世話は全てこちらでやるなど、お互いの領分を決め、相手の領分には口を出さないようにしています。

何より我が家が二世帯住宅で成功したことは、キッチン・バスなどの水回りを分けたことでしょう。二世帯住宅でのトラブルは、生活リズムや生活習慣の違いから起こることがほとんどだそうです。キッチンとバスルームを分ければ、そのトラブルをだいぶ解消することができます。実の親と同居した友人が「キッチンだけでも分ければ良かった」という話をしていたように、最低限この二つが別れていれば、二世帯住宅として十分機能すると言えます。<

他に、水道・光熱費、修繕費など親世帯と子世帯、どちらが負担すればいいかという問題もあります。わかりやすい方法としては、それ専用の口座を作り、親世帯・子世帯それぞれが毎月決まった額を入金し、水道・光熱費などを引き落とすようにすることです。余った金額はそのまま貯金し、修繕費などが必要になったらそこから出すようにすればいいでしょう。トラブルがなければ、二世帯住宅は長きにわたって双方がメリットを享受できるライフスタイルと言えます。親世代と子世代、上手に関係を築いてすてきな住まいを作り上げましょう。

オウチーノニュース編集部

この記事に関するキーワード

連載記事

カテゴリから記事を探す

不動産サービス