実物チェックで安心購入!完成済み物件で納得の住まいを

実物チェックで安心購入!完成済み物件で納得の住まいを

新築住宅といえば未完成での「青田売り」が一般的だが、意外に狙い目なのが「完成済み物件」。安心・納得を叶えるメリットは数多く、検討の価値は大きい。

「完成済み物件」ってなに?

「完成済み物件」とは、文字通り竣工後に販売されている物件のこと。以前なら人気のない売れ残りという印象も否めなかったが、供給過剰ぎみの昨今は選択肢が増え、好条件のものが充実しつつある。何らかの特典がプラスされることも多いほか、すでに実物が存在する利点も見逃せない。

完成済み物件3つのメリット

メリット1:すぐに購入できるから、今の金利が適用される

今後の金利上昇が予想されるなか、資金計画を建てるうえで注意したいのが、住宅ローンは物件引渡し時の金利が適用されるということ。つまり、完成までに時間がかかる物件の場合、今の水準より高くなってしまう可能性も。すぐに引き渡しできる完成済み物件なら、そんな心配はない。

メリット2:住居内のあらゆる点を自分の目で確認できる

住宅は決して失敗を許されない高額な買い物。パンフレットやモデルハウスでも情報収集は可能だが、思い違いを防ぐには実物チェックが断然安心だ。各窓からの光や風の入り具合、室内の開放感、湿気の有無、さらに駐車場の使い勝手など、直に確かめることで初めてわかる要素は少なくない。

メリット3:周辺環境や近隣の住民をチェックできる

タウン内での入居がすでに始まっていると、近隣にどんな世帯が暮らしているか、周辺環境がどのように整備されているかを把握できる。見落としがちな隣接住戸との関係も、互いの窓の位置、境界線、音の響き方など、不安材料を事前チェックしていれば思わぬトラブルで悩まされる心配もない。

購入者の声

「家具一式+割引も!!」

完成済みのキャンペーンで、モデルルームの家具と照明が一式付いてきました。統一感があってお洒落な部屋がそのまま自分のものになって大感激です!! おまけに100万円も割引してくれて、とってもトクしちゃいました。(埼玉県 Sさん)

「サイズが測れて家具もぴったり」

お気に入りの大テーブルが搬入できるかどうかが、家選びの重要なポイントだった我が家。事前に部屋のあちこちのサイズを測れたので安心して購入できました。新しい家具もぴったりサイズですっきり空間に!(神奈川県 Iさん)

「近隣トラブルを回避」

賃貸住まいの時に隣人とトラブルがあったので、購入の際は近隣にどんな人が住んでいるかを慎重に見極めました。おかげで同世代の気の合う隣人に恵まれて、家族ぐるみの楽しいお付き合いをしています。(東京都 Aさん)

この記事に関するキーワード

連載記事

カテゴリから記事を探す

不動産サービス