壁が薄い賃貸で気を付けること

壁が薄い賃貸で気を付けること

住まい探しでは、賃貸住宅物件を選ぶ事もよくあります。そのようなとき、暮らしやすい住まいであるかどうか、十分なチェックを必要とします。例えば、壁が薄い賃貸物件の存在や、詳しい知識を持っていると、物件選びがはかどるでしょう。

入居前に壁をチェックする方法

賃貸物件の中には、通常よりも壁が薄い建物があります。そのような建物では、時として騒音問題などが起きるかもしれません。そこで、物件選びにおいては、壁が薄いかどうかについての確認が必要です。入居前に壁をチェックするための方法として、まずは叩いてみる事が有効でしょう。

もし壁が薄い場合には、音が響く傾向にあります。物件選びでは実際に、選択の候補となる物件を下見に訪れる事があります。そのような時に、反響音について自らの耳で確認しておくと参考になります。またさらに、人が活動する時間帯を見計らって、賃貸物件の下見を行う事も有効です。昼中であると、物件の隣人が外出中という事も多いです。そこで、夕方など人がいる時間で下見を行うと、壁が薄いがために隣の部屋の生活音が物件の中にまで聞こえてくるかどうかについて、確実な確認ができます。

壁が薄いと生活しにくいのか

賃貸物件選びでは、壁が薄いかどうかは、チェックポイントの一つです。しかしそもそも、壁が薄いと生活がしにくいのかという、根本的な疑問もある事でしょう。騒音は、人の主観によっても大きく左右されます。そのため、騒音が生活にとって不便であるかどうかは、住人自身によるところも大きいです。あまり周囲の音が気にならないという人であれば、たとえ多少は周囲の音は聞こえても、条件の良い物件であれば選ぶ価値はあるでしょう。

壁が薄い賃貸物件は、一般的に賃料が安いといった傾向があります。そのため、必ずしもマイナスな部分ばかりであるとは限りません。賃料の安さを優先するのであれば、あえて壁が薄い物件を選ぶという判断もできます。一方で、静かな生活環境を優先する人の場合には、壁に十分な厚みがあり、防音対策も万全の賃貸物件を優先的に選択するのが適しています。

この記事に関するキーワード

連載記事

カテゴリから記事を探す

不動産サービス