「絶対に資産価値を落としたくない!」中古マンション購入時、3つの意外なチェックポイント

「絶対に資産価値を落としたくない!」中古マンション購入時、3つの意外なチェックポイント

しばらくしたら「売りたい」「貸したい」と考えている場合はもちろん、永住するつもりで購入したマンションを手放すことになる可能性も大いにあります。

そのため、購入したマンションの資産価値が落ちるのは避けたいもの。購入前に将来性を見越した視野が求められます。

現状や目に見える部分だけを気にしてしまうと、将来的に「こんなはずではなかったのに!」という事態も生じがちです。

そこで今回は、宅地建物取引士有資格者であり実務経験も有する筆者が、資産価値を落ちにくい中古マンションを選ぶため、購入時に必ずチェックすべき”3つの意外なポイント”を紹介します。

ポイント1:外壁の補修サイクル

中古マンション購入時、必ずチェックすべき3つのポイント

マンションは、メンテナンスの状況によって、資産価値も変わってきます。そこでまずチェックしたいのは、外壁の補修サイクルです。

購入前に物件を見に行ったときには美しく補修されていても、補修のサイクルが遅いマンションの場合、次に売却や賃貸を考えたときには価格が大きく下がってしまうことが懸念されます。

外壁が汚れていると、それだけで「買いたくない」「借りたくない」を招きやすく、物件の価格が下がる要素のひとつにもなります。専有部分と異なり、居住者ひとりの意思で補修できる部分ではないだけに、気をつけなくてはなりません。

修繕積立金の積立額や管理組合の方針などによってもサイクルは変わってくるため、資産価値を落としたくない人にとっては、必ずチェックしたいポイントです。補修サイクルについては、不動産仲介業者に質問をしておくと良いでしょう。

ポイント2:修繕積立金の積立額を忘れずに

中古マンション購入時、必ずチェックすべき3つのポイント

所有者が毎月支払っている修繕積立金の額も、購入前にチェックしておきたいポイントです。修繕積立金が貯まっているマンションは、必要に応じて補修や修繕を行いやすく、マンションのメンテナンスも十分に行える場合が多いです。

毎月の修繕積立金の額が高いマンションは、月々の出費が増えるだけに避けたいと考える人も多いかもしれません。しかし、修繕積立金は将来の大規模修繕などに備えるためにはある程度の額が必要です。

購入時は、つい月々の負担額だけに着目してしまいがちですが、中古マンションでは「これまでに全体でどのくらい貯まっているのか」も必ずチェックしておきたいところです。こちらも、仲介業者に尋ねておくと良いでしょう。

ポイント3:立地は、過去の災害や将来の路線計画まで含めて考える

中古マンション購入時、必ずチェックすべき3つのポイント

「マンションの立地」と聞くと、駅からの距離や周辺施設の有無など「住みやすさ」にとらわれがちですが、中古マンションの将来の資産価値も意識したい場合には、過去の災害時の状況や将来の路線計画など”見えない立地条件”もチェックすべきポイントです。

過去の災害で地盤が緩んだ歴史のある場所や、崖崩れが起きた付近にある場合など、次の災害で再び同様の被害に遭う可能性もあります。

路線計画については、「売りたい」と思っている担当者が見通しが立っていない路線計画を無責任に説明することもあるので、交通網に関してなんらかの計画がある立地にある場合、その計画の実現可能性についてもチェックしておいたほうが確実です。

仲介業者からの話だけでなく、そのマンションのある自治体の区役所や市役所に出向いて確認をしておくと、より確実な情報が得られます。

中古マンションを購入する場合、将来の資産価値について「見えにくい部分の価値」も忘れずに考慮しておくべきです。

オウチーノニュース編集部

この記事に関するキーワード

連載記事

カテゴリから記事を探す

不動産サービス