住宅ローンが払えない時の最終手段「任意売却」とは?メリット・デメリットも大公開

住宅ローンが払えない時の最終手段「任意売却」とは?メリット・デメリットも大公開

みなさんは、任意売却(にんいばいきゃく)、略して「任売(にんばい)」をご存知ですか?

任意売却とは債務超過状態の不動産を売却することです。
債務超過とは家が売れる金額よりも住宅ローンの残額が多い状態のことを指します。

今回は債務超過による任意売却の一連の流れとメリット・デメリットについて紹介していきます。

返済不能時の任意売却

債務超過で住宅ローンの返済が一定期間滞るようになると、ローン会社から訴訟を起こされる場合があります。

訴訟を起こされた場合は、裁判所での話し合いになります。弁護士に代理人として間に入ってもらい話し合う形式になりますが、返済がこのままでは難しいと判断されれば、任意売却か差し押さえの二択から選ぶ必要が出てきます。

差し押さえは競売によって売却金を得る方法なので、ローン会社としては売却金が入る時期が逆算できるので推奨をしてきます。

しかし、任意売却の方が確実性が高いのも事実なので救済措置として提案をしてきます。任意売却は普通の不動産屋でも良いのですが、専門の不動産屋が存在しますので、ローン会社の方から斡旋してきます。ローン会社も売却金を少しでも多く回収したい思いがあるので、実績のある不動産屋を紹介してくれます。後は売却後の残債務について話し合うだけになります。

任意売却のメリット・デメリット

任意売却のメリットとは?

任意売却のメリットは、競売による売却とは違い確実な金額を想定できる点になります。

基本的にローン会社と代理人、本人、不動産会社の4者で話し合いが行われますが、重要なのは売却後の債務です。

ローン会社に売却金を全て引き渡す形になりますが、立地の良いマンションでない限り購入時の金額を上回る事はありません。返済期間によって残債務はまちまちですが、今後の返済計画を立て易くなります。

任意売却のデメリットとは?

任意売却デメリットは、メリットの真逆の考え方で、売却金に期待が出来ない点です。

競売では一位、二位入札はリフォーム会社が大半を占めています。リフォーム会社は競売での仕入れがメインになるので、競合他社が入札に参加すると分かれば相場より高めの金額を投じる事も少なくはありません。その可能性を摘み取るのが最大のデメリットと言えます。

競売で入札された場合はリフォーム会社から引っ越し金が出されるケースもありますが、その権利も放棄する形になります。

オウチーノニュース編集部

この記事に関するキーワード

連載記事

カテゴリから記事を探す

不動産サービス