「訳あり物件」は事故物件だけじゃない?"家賃が安すぎる"意外な理由と確認すべきこと

「訳あり物件」は事故物件だけじゃない?"家賃が安すぎる"意外な理由と確認すべきこと

賃貸物件でよく見かける「告知事項あり」という言葉、この言葉の裏にはどんな理由が隠されているかご存知ですか?

いわゆる「訳あり物件」と言われている物件の実態について、確認しておきましょう。

訳あり物件とは何か?

物件探しをしていて、「あ、これ、安くていいな」と思ったとき、図面の片隅に「告知事項あり」と書かれていること、ありませんか?

この「告知事項あり」という言葉は、契約前に必ず知らせなければいけないことがあるという意味です。

その物件で事故や事件があり、人が亡くなっているなどの場合が一般的です。また、物件内での病死や自然死などの場合も該当することがあります。いわゆる「いわく付き物件」というものです。

「事故物件」「心理的瑕疵物件」といって、契約前の重要事項説明の際には必ず告知されることになっています。また、それを告知されずに契約し、後からその事実を知った場合には、契約を取り消すことができます。とはいえ、労力を使って引越しをしてしまってからでは、骨折り損ということになりますので、しっかりと確認することが必要です。

訳あり物件の実態

ただし、これらに明確な基準はありません。

前の住人が火事を出したとか、その部屋で自殺したとか事件で死亡したという場合にはほぼ必ずといっていいほど告知がありますが、例えば前の前の住人にかかわることの場合は告知されない場合も少なくありません。
事件や事故があったときからどのくらいの期間、告知が必要かという明確な決まりはありません。

また、前の住人が救急車で運ばれてそのまま亡くなってしまった場合や、長期にわたって放置された場合でない自然死、隣の部屋での病死などは告知されないこともあるようです。

さらに事件・事故以外にも、都市計画や大家さんの都合等で数年後の取り壊しが決定されていて居住期間に制限がある場合や、一軒家の購入の場合には、建物自体が違法建築になっているとか、用途地域に指定されていて制限が多かったりして再建築が不可であったり難しかったりという場合も「告知事項あり」と書かれていることがあります。

相場とかけ離れた安い物件は必ず確認を!

訳ありですので、格安物件がほとんどです。

もちろん、「事故物件」「心理的瑕疵物件」ということを全然気にしないよという人にとっては、とても好条件の物件になることは事実ですので、わざわざそういう物件を探す人までいるくらいです。

また、上記のように少し前の事件だと告知されないことがあったり、事件・事故にかかわらず交通が不便だったり、日当たりがよくなかったりとマイナスの条件により格安になっていることもよくあります。

物件を探していて、格安のいい物件があったら、なぜ安いのかを必ず確認することは必要です。

オウチーノニュース編集部

この記事に関するキーワード

連載記事

カテゴリから記事を探す

不動産サービス