戸建てを買うならどっちにする?建売住宅と注文住宅のメリット・デメリット

戸建てを買うならどっちにする?建売住宅と注文住宅のメリット・デメリット

こんにちは、オウチーノニュース編集部です。

マイホームを購入する際、戸建てかマンションか悩む方も多いと思いますが、戸建てに決めたらその先に、建売住宅と注文住宅の、どちらにしようかという新たな選択肢もでてきます。

そもそも建売住宅と注文住宅の違いを理解していますか?
今回は建売住宅と注文住宅のそれぞれのメリット・デメリットを紹介したいと思います。

建売住宅のメリット・デメリット

建売住宅のメリットは価格

建売住宅を購入する最大のメリットは価格です。注文住宅に比べると同じ規模の住宅であれば必ず安上がりになると言っても過言ではありません。デザイン料がかからないことに加え、各所で予め建設する側が部材などの節約を考えて建てられているからです。また、土地の節約も行われていることが多いことから価格が安くできるようになっています。現物を見て決定できるのも建売住宅のメリットです。

建売住宅のデメリットは融通がきかないこと

一方、建売住宅では、狭い土地に複数の家をうまく押し込んでいることも多く、隣の家からの距離が近く接していたり、間取りに少し無理がある場合もよくあります。住宅設備やレイアウトの変更ができず、住宅の状態に合わせて住み方を考えていかなければならない点も建売住宅の特徴であり、理想から少し離れてしまいがち。それがデメリットに感じられるかもしれません。

注文住宅のメリット・デメリット

注文住宅のメリットは自分の理想を追求できること

注文住宅のメリットは自分で考えて好きな間取りや構造の住宅を手に入れることができるという点です。自分の生活スタイルに合わせて個々の部屋も住宅全体もデザインしていくことが可能であり、土地面積が許す範囲で理想を追求することができます。土地も自分で選べることから、必要な面積と立地の土地を手配することによって、理想を実現させる可能性も無限に広がるでしょう。

注文住宅のデメリットは価格や手間がかかること

注文住宅のデメリットとなるのは価格です。建売住宅に比べると設計士にデザインの相談をしたり、個々のこだわりの住宅設備などに費用がかかってしまいがちになります。また、土地の手配に費用も時間もかかってしまうことが多いのがデメリットですが、土地を予め持っている場合にはコストダウンになることは注目すべき点でしょう。一方、土地を探したり、住宅のデザインについて勉強したりするのに時間もかかってしまうのがデメリットと感じる人もいるのが実情です。

オウチーノニュース編集部

この記事に関するキーワード

連載記事

カテゴリから記事を探す

不動産サービス