空き巣に「狙われやすい家」とは?犯罪手口を知って防犯対策をしよう

空き巣に「狙われやすい家」とは?犯罪手口を知って防犯対策をしよう

こんにちは、オウチーノニュース編集部です。

考えたくはないけれど、私たちの生活と切っても切れない存在が「空き巣」です。
空き巣の被害にあってしまったがために、せっかくのマイホームでの生活が、一気にトラウマになってしまった……という方がいるのも事実です。

今回は、そのような事態を避けるために、空き巣の手口を具体的に紹介し、その手口に対する対策を紹介していきます。 

空き巣の手口を知ろう

空き巣の被害を防ぐためには、私たち一人ひとりの防犯意識と対策が欠かせません。
空き巣の手口には一定のパターンがあるので、それらを把握しておくことが大切です。

侵入経路として多いのは窓、玄関

まず、侵入経路としては、窓がもっとも多いといわれていて、その次に多いのは玄関です。
裏手にある勝手口から入ってくる可能性もあるので、ゴミ出しのちょっとした留守にもカギは忘れずにかけましょう。

マンションやアパートといった集合住宅では、ベランダにも注意が必要です。屋上から上層階に侵入するケースもあるので、油断せず、施錠を徹底しましょう。

オートロックであっても、裏口から侵入できる建物も多いので施錠は大切です。

玄関から侵入する手口では、ピッキングやこじ開け、サムターン回しといった方法のほかに、ポストや物陰に隠した合鍵を使う方法もあります。

窓からの侵入の場合、鍵の閉め忘れを利用するほか、ガラスを割ってカギをあけるという方法が主流です。空き巣はスーツや作業着といった服装をしていることが多く、あまり目立ちません。

仕事をしている様子でもないのに周囲をうろうろしている人がいたら、空き巣の下見である可能性もあります。見慣れない顔の人には、あいさつするよう心がけましょう。

空き巣に入られないための対策

空き巣がもっとも嫌うのは、人目についたり見つかったりする可能性のある家です。
逆に空き巣に狙われやすい家は、侵入に時間がかからず、人目につきにくい家。

塀に囲まれていたり、植木が茂っていたり、窓に届きやすい位置に足場となるものが置いてあったり、家の周囲にカギが隠してあったりする家は、狙われる可能性が高いといえます。

また、防犯対策を考えるなら、窓は防犯機能のある割れにくいガラスを選びましょう。100円均一で手に入る窓用の補助鍵をつけるだけでも、侵入のしやすさは多少変わってきます。

さらに侵入する際には、不在であることを確認するため、チャイムを押したり郵便物の溜まり具合をチェックしたりします。長期間不在にするときは、郵便物や新聞の配達を止めてもらいましょう。

ラジオやテレビをつけっぱなしにしておくことで、侵入が防げるケースもあります。電話で不在を確認する場合もあるので、できれば留守中は携帯電話に転送しましょう。

光や音によって見つかることを嫌うので、犬を飼ったりセンサーライトを設置したり、ダミーの防犯カメラを設置したり、家の周囲に音が鳴りやすい玉砂利を敷いたりするのもおすすめです。

警察庁の平成30年(2018年)警察白書のデータによると、平成29年次の空き巣の検挙率は約56.7%ですが、例え犯人が逮捕されても、盗まれたものが戻ってくるとは限りません。

火災保険の中には盗難被害を補償してくれるものもありますが、犯罪被害にあうということの精神的ストレスは甚大です。万が一空き巣と鉢合わせした場合、強盗となって自分や家族に危険が及ぶかもしれません。

そうならないために、侵入を防ぐための対策を日ごろから徹底しておきましょう。

オウチーノニュース編集部

この記事に関するキーワード

連載記事

カテゴリから記事を探す

不動産サービス