西向き部屋のマンションは本当にデメリットだけ?実はおすすめしたい4つのポイント

西向き部屋のマンションは本当にデメリットだけ?実はおすすめしたい4つのポイント

こんにちは、オウチーノニュース編集部です。

マンションを購入するとき、部屋の向きというのは重要な選択材料になってきます。

部屋の向きは日の当たり方を大きく左右しますし、それによって部屋が明るかったり、暗くなってしまったり、また時間帯によって日差しや室温が変わってきたりします。

人気なのは日がよく当たる南向きの部屋ですが、今回は西向きの部屋にスポットを当てて考えていきたいと思います。

なぜ西向きは不人気なのか?

太陽は東から登って、南側を通って弧を描き、西に沈みます。この太陽の動きが日照時間を左右するので、マンションでは部屋の位置によって人気に差が出ます。一般に、日当たりのよい南向きが一番人気で、次いで朝日の当たる東向き、そして西向きは3番手の人気です。

西向きの部屋は、朝は日が当たりませんが、太陽が西に傾きはじめる午後から日が沈むまで、めいっぱい日が当たるのが特徴です。特に、遮るものがなければ日が沈むにつけ、太陽の当たる角度が小さくなってきますので、より部屋の奥まで日光が入ってきます。

なぜ西向きの部屋は人気がないのでしょうか?

一番のデメリットは、夏の暑さにあるでしょう。午後からめいっぱい日が当たる西向きの部屋は、気温の高くなった部屋にダメ押しのように日を当ててきます。そのため、西向きの部屋の午後の暑さは相当なものになります。直射日光を浴びる西向きの壁などは、夜遅い時間まで熱を持ち続けています。

東向きに比べて西向きの部屋が暑いのは、温度の上がりきった午後から、さらに追い打ちをかけるように日が差してきますので、温度が下がっている朝に日が差す東向きよりも高温になるからです。さらに、西日によって室内の壁や床、家具などが日焼けしてしまう危険性もあります。

西日対策として、遮光カーテンやすだれは必須です。

断熱シートなどで西日からの断熱をすれば、気温上昇は比較的抑えることができます。この夏の暑ささえ対策できれば、実は西向きのマンションはメリットがたくさんあるのです。

西向きマンションのおすすめポイント

西向きの部屋のメリット①冬は暖かく洗濯物の乾きが早い

午後からめいっぱい日のさす西向きの部屋は、洗濯物の乾きがとてもいいです。
また、なんといっても冬の暖かさは西向きの最大のメリットではないでしょうか。

東向き、北向きの部屋は1日家を空けておくと部屋は冷え切ってしまうのですが、西向きの部屋は、夏とは逆に遮光カーテンやすだれ、断熱シートなどをはずしてお日様の光を迎え入れる状態にしてあげれば、午後からの自然の太陽光で部屋を暖めてくれます。それによって冬の暖房費も抑えられます。

西向きの部屋のメリット②暗くなるのが遅いので電気代節約

また、東側の朝日は一見健康的に思えますが、夏などは早い時間から朝日に照らされてたたき起こされてしまうという状況になります。それに対して、西日が当たる時間はたいていの人は活動時間帯ですので、太陽光の恩恵を十分に活用することができるのです。

特に、朝寝坊の生活をしている人にはおすすめです。夕方も比較的暗くなるのが遅いですので、電気代の節約にもなります。

西向きの部屋のメリット③夕焼けがきれい

また、西日はきれいな景色を演出してくれますので、何気ない日常に、夕焼けがきれいだなとか、夕日がきれいだなと感じることも多いのではないでしょうか。何となくさみしい気分になる夕暮れ時ですが、きれいな夕日を見ていればそんな感じもなくなりますね。

西向きの部屋のメリット④人気が低いので価格が安い

そして、西向きの部屋は南向きや東向きに比べて価格も、人気も低いのが逆にメリットになります。同じ間取りでも価格が安いのはうれしいことですし、人気も低いので気がついたら売り切れていたということも、南向きなどに比べると少ないでしょう。

何気なく敬遠しがちなマンションの西向きの部屋ですが、建物の立地や構造などによって西日の当たり方も変わってきますので、意外によかったりするかもしれなせん。西向きの部屋も候補に挙げて、現地でしっかりと状況確認をすることが大切かもしれません。

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定
無料

不動産を売るならまずは一括査定!
一度に複数の査定結果を比較できるので、より高く売れる可能性が高まります。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

オウチーノニュース編集部

マイホーム購入のダンドリ、不動産売却にかかる費用、賃貸物件の探し方など、住まいの基礎知識から契約、税金といった専門的な内容までわかりやすく解説。宅地建物取引士や司法書士、税理士、FPなどの不動産・お金の専門家が、監修・執筆した記事を配信しています。
コンテンツポリシー

この記事に関するキーワード

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定
無料

不動産を売るならまずは一括査定!
一度に複数の査定結果を比較できるので、より高く売れる可能性が高まります。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

不動産サービス