おしゃれなメゾネット物件はメリットだけじゃない!?入居前に知っておくべきデメリットとは

おしゃれなメゾネット物件はメリットだけじゃない!?入居前に知っておくべきデメリットとは

こんにちは、オウチーノニュース編集部です。

物件を探していると「メゾネット」という言葉を見ることがあります。メゾネット物件とはどんな物件なのでしょうか。そして、メゾネットのメリットとデメリットはどこにあるのでしょうか?

メゾネットタイプの物件とは?

メゾネットとは、マンションにおいて2階にまたがっている物件のことを言います。

マンションなのですが、2階建ての構造を持っている、間取り的には戸建て感覚の物件のことをいいます。

フロアが上下に分かれているのはもちろんのこと、2フロア分を使っているので、マンションでは考えられなかった吹き抜けの空間が作ることができたり、広い空間づくりをすることもできます。

メゾネットタイプのメリット、デメリット

メゾネットのメリットは、何といっても広い居住空間です。

開放的な空間と、通風や採光もよくなることが多いです。意外と狭く感じられるマンションの欠点を克服して、広々とした空間で暮らすことができます。

また、上下2階に分かれているので、時間差のある居住者がお互いに気兼ねせずに暮らせるということもあります。

忙しい共働きの夫婦や、最近はやりのシェアハウスなどには最適の空間といえるかもしれません。また、2階を子ども部屋に充てれば、下の階への騒音の心配もなくなります。

一方のデメリットは、家が広い分、家事動線が長くなるのは主婦にとっては大きな影響となるでしょう。

また、階段などの段差がありますので、特に子どもなどが怪我をしたりするリスクも高くなると考えられます。これは一戸建ての場合のデメリットとほぼ同じものとなりますので、気にならないといえば、気にならないで済むことかもしれません。

また、やはり階段などの空間が必要なため、有効居住空間が少なくなってしまいます。全体面積が広いので、もちろん家賃や購入金額はやや割高となっていますが、そのわりには居住空間がこんなものかなと、物足りなく感じられることがあるかもしれません。

しかし、吹き抜けなどの広い空間が取られている場合には、実際に住んでいる感覚はそれほど気にならないのかもしれません。

メゾネットに似たテラスハウスとは?

さて、メゾネットタイプに似た物件で、テラスハウスとかタウンハウスと言われているものがあります。

メゾネットがマンションなどの3階建て以上の物件の中にあるものに対して、テラスハウスは庭付きの2階建て物件で、隣接した数軒が連なっているものです。上下に住戸はありません。いわゆる日本で昔からある長屋タイプの物件となります。

賃貸物件においては、このタイプもメゾネット物件として表示していることも多くなっています。

オウチーノニュース編集部

この記事に関するキーワード

連載記事

カテゴリから記事を探す

不動産サービス