憧れの「ディスポーザー」はメリットだけじゃない!?購入前に知っておくべきデメリットとは

ディスポーザーのメリットとデメリット

こんにちは、オウチーノニュース編集部です。

生ごみの処理、どうしていますか?
きちんと処理しないと臭いや虫、水などが出て、とても面倒くさいことになりますね。

なかには生ごみ処理機を使って有機肥料を活用しているなんていう人もいるかもしれませんが、面倒だという印象を持つ人がほとんどではないでしょうか。そんな面倒な生ごみの処理を手間いらずにするのがディスポーザーです。

ディスポーザーとは?

皆さん、ディスポーザーというものをご存じでしょうか。ディスポーザーとは、キッチンの流しの排水施設に設置される生ごみ粉砕処理器です。

シンク下に設置され、水と生ごみをモーターで高速回転させ、周縁部に付けられたハンマーと刃で細かく粉砕して排水溝に流せるようにします。生ごみをそのまま排水溝に流せるので生ごみの処理に必要だった面倒な手間がなくなるということで、一度使ったら手放せないと、マンションでの人気設備の一つになっています。

ディスポーザーのメリットは、やはり何といってもその手軽さ。キッチンで出た生ごみをそのまま水で流してしまえるというところにあります。

ディスポーザーのデメリットとは?

一方で、粉砕したとはいえ生ごみを排水溝に流してしまうので、一定の負担がかかるのがデメリットです。そのため、ディスポーザーの使用には賛成、反対さまざまな意見が行き交っているのも事実です。自治体によってディスポーザー単体での使用を制限しているところも多く見受けられます。

また、生ごみを粉砕するという機能を持つディスポーザーですが、硬いものや流してはいけないものを流したり、同じものを一気に流したりすることで、詰まりや故障の原因となります。故障してしまったら最悪の場合、直すまで水が流せなくなるという事態にも。便利である一方で、デメリットも大きいのがディスポーザーの特徴です。

ディスポーザーを使うには?

ディスポーザー自体は、シンク下に設置するものなのでちょっとした工事で設置が可能です。ただし、排水に影響するため、自治体によってディスポーザー使用可否の扱いが変わってきていますので、自治体に確認が必要です。

排水への影響からディスポーザーの使用が禁止されていても、浄化槽を経由して排水を浄化してから流す設備を整えていれば、使用は可能です。例えば東京都は排水処理システムのないディスポーザーの使用は禁止しています。都内のディスポーザー付きのマンションなどは、必ずマンション内で浄化装置を設け、排水処理システムを整えています。

ディスポーザー装置だけでなく、大規模なシステムが必要となるため、設置費用と維持費用は大きなものになります。そのため、戸建の住宅でディスポーザーを持つのはあまり現実的とはいえません。マンションなどでも、設置や維持に費用がかかるため、管理費などにも影響してきます。そのため、比較的高額なマンションにディスポーザーが多いです。

それでも、「一度使ったらもう手放せない」と言われているほど便利なディスポーザー。マンション購入の際には、そんな設備にも一つ、注目してみてはいかがでしょうか。

オウチーノニュース編集部

この記事に関するキーワード

連載記事

カテゴリから記事を探す

不動産サービス