今話題の「DIY可の賃貸物件」!借りる前に知っておきたい注意点とは?

今話題の「DIY可の賃貸物件」!借りる前に知っておきたい注意点とは?

こんにちは、オウチーノニュース編集部です。

こだわりの部屋を実現するために入居者自身、もしくは入居者がプロに依頼して、自由に改修する……。

最近では賃貸でもDIYできる物件が増えてきました。持ち家のように自由にリノベーションできるので人気を集めていますが、その一方、思わぬトラブルに巻き込まれるケースも考えられます。

今回はDIY可能物件のメリット、デメリットや基礎的な知識についてまとめました。

セルフリノベ、DIYが可能な賃貸物件のメリット

セルフリノベーションやDIYを許可している賃貸物件の場合、その多くは大家さんが急いで入居者を探している可能性が高いです。

DIY賃貸で借り出すなら、借主負担でリノベーションしてもらえるうえ、愛着が出て長く住む可能性があるので、空き家対策にもなり大家さんにとってもメリットがあります。

そのため、家賃の交渉をしやすく、相場よりも安く借りられることも考えられるでしょう。

仲介業者を通しているなら業者に、大家さんに直接交渉できるのなら最初に話してみるのもひとつの手です。

また、DIY可物件の中には改装費用を一部負担してくれたり、最初の1か月の家賃を無料にしてくれるところもあります。セルフリノベを行っている間はその物件で生活することが難しくなるので、費用負担についても確認しておきましょう。

気を付けなければならない、DIY賃貸物件のデメリット

DIY可としている物件は築年数の経った物件が多いことも頭に入れておきましょう。古い物件は水回りや耐震性に難点がある場合もあります。

些細な問題と思っても、後から多額の修繕費を支払わなくてはいけない事態に発展してしまった、なんてことにもなりかねません。

借りる前にしっかりと現状を自分の目で確かめて把握しておくことをお勧めします。

上記以外にセルフリノベ、DIY可をうたっている物件でも改修可能な範囲を限定するなどのルールを設けているケースが多いです。特にマンションは構造部に影響を及ぼすリノベーションは認められていませんので、注意しましょう。

部屋はそのままにして退去していいの?

もっとも注意したいのが「原状回復」です。

「原状回復」とは不動産用語で借りた物件を退去する時、最初の状態に戻すことを指します。現状として、原則的には原状回復が出来るリノベは許可が必要ないDIY、原状回復が難しいリノベは許可が必要なリフォームと分けて考えてよいでしょう。

通常の賃貸物件の多くは壁を壊したり、天井を上げたりすることはできません。

借主が故意や過失によってついた傷や破損は、契約終了時に元の状態に戻す必要があるので、どこまでリノベ、DIYが可能な範囲か調べてから行ってください。

DIY可能物件について見てきましたが、いかがでしたか?ルールさえ守れば、持ち家のように気軽に自分好みにカスタマイズすることが可能です。毎日過ごす部屋をDIYで理想の空間に変身させてくださいね。

ヨムーノ編集部

【募集中】
素敵な写真やアイデアを投稿したり、モニターやアンケートにご協力いただく「ヨムーノメイト(ヨムーノ公式インスタグラマー)」を募集しています。詳しくはこちら

この記事に関するキーワード

連載記事

カテゴリから記事を探す

不動産サービス