マンションの床・スラブの厚さは何ミリあれば安心?【マンション上下の騒音問題】

マンションの床・スラブの厚さは何ミリあれば安心?【マンション上下の騒音問題】

こんにちは、オウチーノニュース編集部です。

隣接する部屋同士が壁一枚で仕切られている集合住宅、問題になるのは騒音問題です。
騒音には空気中を伝わる音(空気音)と床や壁を伝わる音(固体音)に大別されます。

鉄筋コンクリート構造で、壁や床がコンクリートでできているマンションなどでは、空気音による騒音はほとんど問題になりませんが、固体音についてはたびたび問題になります。

特に問題なのは床衝撃音、上下階の騒音問題が一番問題になってきます。そこで重要なのが床の厚さ。いったい何ミリあれば大丈夫なのでしょうか?

上下の騒音と床の厚さの関係

床衝撃音は、軽量床衝撃音と重量床衝撃音に分かれます。

軽量床衝撃音は軽量のものを落としたときのコツンという音やパタパタと歩く音など、比較的高めの音域の音をいいます。

対して重量床衝撃音は大きな家具を動かしたり子どもが飛び跳ねたときのドスンとかガタガタという鈍くて低い音域の音をいいます。

軽量床衝撃音はLL値で、重量床衝撃音はLH値というJISで定められた遮音性能の等級で表されます。値が小さいほど遮音性に優れています。一般的にLL値は45以下、LH値は50以下が快適に暮らせる遮音性であると言われています。

軽量床衝撃音は床の構造や表面の仕上げ材などに大きく左右されます。構造は二重床、カーペットや畳のように吸音性の高い仕上げのものは性能が高くなります。
一般的なマンションでは、この軽量床衝撃音についてはクリアされているものが多く、カーペットなどを敷くことによって回避されます。

マンションで問題になっているのは重量床衝撃音

重量床衝撃音は床の材質の性能が遮音性に大きく影響します。マンションなどでよく問題になっているのは、この重量床衝撃音です。鉄筋コンクリート構造のマンションでは、コンクリートの床(スラブ)の厚みに比例します。

では、どの程度の厚みがあれば遮音性が保たれるのでしょうか?

最近のマンションでは200ミリは必要と言われています。230ミリ以上あれば遮音性の高いマンションと考えてもいいでしょう。一昔前まではそんなに必要とされていなかったので、180ミリまたはそれ以下の物件も多くありますので、中古マンションを見る場合は要注意です。

単純にスラブ厚だけでは語れない

重量床衝撃音に大きな影響を与えるスラブ厚ですが、単純にスラブ厚が厚ければ遮音性が高く、薄ければ遮音性が低いというわけではありません。

梁間の面積、床の硬さなども影響します。例えば、同じ床の厚さでも寝室など比較的こじんまりとした部屋とリビングダイニングなどのように広い部屋ではLHの値は変わってきます。同じLH値を保つためには約5平米広くなると約20ミリのスラブ厚が必要になります。

また、梁間の面積に比例しますので、小梁を設けて梁間を小さく分けるという方法も取られています。

マンションを選ぶ際にはスラブ厚のチェックのほか、LL値、LH値のチェックができれば騒音対策は十分といえるでしょう。ただし、これらの値はあまりパンフレットには載せられていないので、不動産業者などに問い合わせてみることが必要でしょう。

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定
無料

不動産を売るならまずは一括査定!
一度に複数の査定結果を比較できるので、より高く売れる可能性が高まります。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

オウチーノニュース編集部

マイホーム購入のダンドリ、不動産売却にかかる費用、賃貸物件の探し方など、住まいの基礎知識から契約、税金といった専門的な内容までわかりやすく解説。宅地建物取引士や司法書士、税理士、FPなどの不動産・お金の専門家が、監修・執筆した記事を配信しています。
コンテンツポリシー

この記事に関するキーワード

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定
無料

不動産を売るならまずは一括査定!
一度に複数の査定結果を比較できるので、より高く売れる可能性が高まります。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

不動産サービス