事故物件だけじゃない!「なぜか家賃が安い賃貸物件」の理由とは

事故物件だけじゃない!「なぜか家賃が安い賃貸物件」の理由とは

好条件にもかかわらず、なぜか家賃が相場よりも安いという賃貸物件は珍しくないです。しかし、その安さには物件の立地環境や設備面といった何かしらの理由が必ずあるため、まずはその安さの理由を知ることが大切です。

ここでは、家賃の安い物件にありがちな安さの理由や、物件選びの注意点について見てきたいと思います。

なぜ家賃が安くなるのか

家賃の安い物件を見つけた場合、入居後に思わぬトラブルを招かないためにも、安易に契約することは避けたほうがいいでしょう。ここでは、割安な物件にありがちな「安くなっている理由」を見ていきます。

日当たりの悪い低層階の部屋だから

マンションタイプの物件の場合、高層階のほうが日当たりや通気性が良く、騒音も軽減されるというメリットがあるため、上の階になるにしたがって家賃が高く設定されるのが一般的です。

特に都心部の物件の低層階は、日当たりや風通しが悪い部屋も多く、家賃が割安となっているケースも珍しくありません。

セキュリティ設備が不十分だから

オートロックやモニター付きインターホンなどの防犯設備がない物件も、家賃が安いところが多いです。

一人暮らしの女性にとっては、セキュリティの高さは特に重視したいポイントでもあるため、防犯設備の有無はきちんと確認しておきたいところです。

線路や高速道路が近いから

物件の近くに線路や高速道路があると、電車や車の音、振動が部屋まで届きやすく、生活に支障が出てしまうことも。

音が気にならないタイプの人や、家にいる時間が短い人以外は、こういった部屋を避けたほうがストレスはないでしょう。

建物が古いから

建物の築年数が古い場合、借り手がつきにくいため、家賃が安くなっているケースもあります。築年数が古い物件となると、設備の質や耐震性が低い物件は珍しくないのです。

設備面でいえば、例えば扉の立て付けが悪い、水道が出にくい、設備が古く水洗トイレではない、断熱性が低いといったことが挙げられます。このタイプの物件は、外出していることが多く、家にいるのは寝るときだけという人であれば、お得な物件といえそうです。

原状回復工事の予算が低いから

賃貸物件は通常、部屋の設備が故障していれば修理を行い、傷や汚れがあれば清掃してから入居者を募集します。

しかし、その修繕費用が高くつく場合や、建物自体が古く、すぐにまた修理や清掃が必要となってしまう場合は、そういった原状回復工事をしないケースもあります。また、費用削減のために、退去後のハウスクリーニングを大家みずから行っていることも。

こういった原状回復工事が低予算な物件の場合、家賃が安く設定されていることが多いです。

周辺環境の問題があるから

次のような周辺環境を理由に、家賃が安くなっている物件も多いです。

  • 近くに墓地がある
  • 近くに歓楽街がある
  • 周辺に暴力団関連の施設がある

こういった周辺環境については間取り図からは判断できないため、周辺地図のチェックや、内見の際に近所を歩いて確認してみましょう。

極端に安い場合は事故物件かも!?

ここまで紹介してきた「家賃が安い理由」は、あくまで相場よりも若干安い物件に見られるものです。しかし、物件によっては、極端に安いケースもあります。これらは、「事故物件」である可能性が非常に高いでしょう。

事故物件に明確な定義はありませんが、一般的には次のような物件が、事故物件として取り扱われています。

  • その部屋で過去に事件や事故があった
  • 前の入居者が部屋で亡くなった

借りようとしている部屋が上記にあてはまる場合、不動産会社は新しい入居者に伝える義務があります。そのため、事故物件と知らずに入居するということはまずないが、極端に安い部屋の理由は、念のため聞いておいたほうがいいでしょう。

安いからといって悪いわけではない

家賃が安い理由について、ここまではネガティブな理由をメインに紹介してきたが、必ずしもすべての安い物件にそういった悪い理由があるわけではありません。

物件によっては、大家の事情や、時期的な問題によって安くなっているというケースもあるため、見過ごさないようにしたいところです。

すぐに借り手が欲しい…大家の事情

単に、すぐに借り手が欲しいために、大家が家賃を下げているというケースもあります。大家によっては、家賃収入で生計を立てている人も少なくありません。借り手がつかなければその月の目標収入に届かないため、入居者募集中の部屋の家賃を下げるということもあるのです。

このような物件は、設備面や周辺環境などは特に問題ない場合がほとんどであるため、お得に借りることのできる、おすすめの物件といえるでしょう。

閑散期だから…時期的な問題の可能性

不動産会社の閑散期は、おもに4~6月と10~11月とされており、入居希望者が少なくなるこの時期は、ある程度人気の物件であっても不動産屋が家賃を下げる場合があります。

この閑散期のタイミングで部屋探しをしているのであれば、お得に部屋を借りられる可能性が高いということも押さえておくと◎です。

安い物件を見つけたら、まずは理由を確認!

家賃相場と比較して割安な物件には落とし穴があり、入居後のストレスの原因となってしまうこともあります。ただし、安いからといってすべての物件が悪いというわけではなく、一部のデメリットゆえに安くなっているケースが多いのです。

よって、まずは安さの理由を確認し、自分がそのデメリットと上手に付き合っていけるかどうかで判断してみることが大切です。

執筆
リズム株式会社

東京23 区の中古ワンルームマンション投資やリノベーション投資など を手掛ける不動産投資会社です。バリューアップした中古不動産を、将来のライフプランを 叶える資産としてご提案しています。“「住む人の満足」が「持つ人の満足」につながる“と いう考えのもと、資産価値の高い空間づくりを目指しています。
リズム不動産投資サイト
facebook

この記事に関するキーワード

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定
無料

不動産を売るならまずは一括査定!
一度に複数の査定結果を比較できるので、より高く売れる可能性が高まります。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

不動産サービス